日記

ある日の老人

「daliの絵がみたみたい」と
友人からメールがあったので
返信メールに添付して送ってみた。
どうせだからブログにも載せよう!と思い
アップしてみた。(小さくてわかりづらいね)
この油絵は3年位前に
奄美・名瀬市の市美展に出展したもの。
この絵には思い出がある。

元ちとせの集落を見に行こう!と
ある夏の日、瀬戸内町の”嘉徳カトク”へ遊びにいった時の事。
浜辺でバーベキューをしていると
集落の村長らしきじいちゃんが
何事か?という具合に私達を偵察しにきた。
私のマミィが缶ビールやらバーベキューやら
一緒にどうぞ!と話をしているうちに
そのじいちゃんが
「今から、沖に出ている甥を迎えに舟を出すが、乗るか?」
と島の方言で言ってきた。
私は、こんな機会は滅多にないと「乗ります!!!」とノリノリ。
結局、のっけてもらい海を満喫した。

そのあと、浜辺にきていたおじさんが
「あの爺さんは、元ちとせの爺ちゃんだよ」
と言ったものだから、私達は大騒動!!
その後に続き「あの人がちとせのお父さんだ」だの
「あそこが家だの」で
ちとせさんの両親と記念撮影をしたり思い出の1日となった。
ちとせさんの愛犬サンタもしっかり爺ちゃんのあとにピッタリくっついていた。

舟に乗せてもらった時に写真を何枚か撮った。
そのうちのお気に入りの1枚を絵の土台にしたのだ。
題名は[ある日の老人]

じいちゃん元気かなぁ?

コメント

この記事へのコメントはありません。