その他

[鹿児島県奄美大島]島唄公演のポスターデザイン

©奄美歌掛け保存会

島唄の、ぎゅっと胸をしめつけられる

切ない感じを表現した

ノスタルジックなポスターデザインです。

島唄とは、一義に奄美群島で歌われる奄美民謡のことで、「シマ」の唄を指します。琉球語の「シマ(島)」には、標準語で使用する「島(island)」の他に「村落(village)」の意味があります。

琉球列島の奄美群島・沖縄・先島の住民は、琉球王国時代からシマ(村落)ごとに社会を形成していたため、シマごとに決まり事や習俗は微妙に異なり、シマで歌われる唄も多種多様だったようです。

島唄は、仲間うちでは歌あそびとなり、年中行事の八月踊りでは集団の掛け合い歌「歌掛け」となります。この歌掛けが、なかなか聞いていて面白いもので、即興の「歌の会話」といったほうがわかりやすいかもしれませんね(^^)

唄の内容は、集落毎の労働唄や、伝承を歌詞にした唄、恋の唄、呪術の一種である唄などを口伝によって伝えてきたものが多く、「楽譜」というものがないので、耳で聞いて実践して覚えるしかないのです。

奄美の島唄は、なぜか切なく哀愁ただよう唄が多く感じるのは、唄者がファルセットのような裏声を使うからでしょうか。奄美三線は、沖縄三線と異なり高い音を出すからでしょうか。とにかく、島唄を聞くと、胸がぎゅっつ、、、となります。

この胸をしめつけられる切ない感じは、どこか懐かしい感じを憶え、明るい空の下!っというよりは、夕日の海辺を思い浮かべます。夕方になると、「早く、温かい家に帰ろう」って人恋しくなる時間帯ですよね。その感じと島唄は似ていると思うのです。

どこかノスタルジックな感じを表現したくて、このお仕事のお話をいただいた時にすぐに思いついたのは「3丁目の夕日」でした。よし。昭和感をだすぞ!とコンセプトが決まり、このような感じに仕上がりました(A3サイズ)。

ちょっと苦戦したのは、写真を加工して絵画風にすること。でしたが、なかなか面白かったです。

コメント

この記事へのコメントはありません。