ダマリ紀行

【U.K】地球めしvol.1~ジャケット・ポテト~ツナマヨ Jacket potato with Tuna mayonnaise

 

今日は、私の大好きな国イギリスの定番料理をご紹介します(^^)

 

 

United Kingdom

 ジャケット・ポテト~ツナマヨ Jacket potato with Tuna mayonnaise

 

イギリスでは、皮がついたままのベイクドポテトを

“ジャケットを着ている”と見なして、ジャケットポテトと呼んでいます。

 

日本のじゃがいもの3、4倍はある大きなジャガイモ(キングエドワードのような男爵種)に、

ボリュームたっぷりのフィリングをのせているイギリスらしい料理です。

 

パブなどにいくと、ジャケットポテトのくくりのメニューがあり、

フィリング(トッピング)をオーダーするようになっています。

 

人気があるのは、ベイクドビーンズ。私はツナマヨが好きです(^^)

個人的にジャガイモが好きなので、イギリス料理を不味いと思ったことは一度もないです。

 

鹿児島県の徳之島は、じゃがいもが特産品で春になると新ジャガが出荷されます。

大量のじゃがいもをフェリーで運ぶので、春のフェリーは出航が遅れがちに、、、(^^; )

ジャケットポテトが出来る、キングサイズの徳之島産じゃがいもを頂いた時にこの料理を作ります♪

 

 

■材料(2人分)

●じゃがいも(大きいもの)…2個
※皮ごと食べるので綺麗に洗ってください。
●ツナ缶…1缶
●ボイルコーン(缶詰)…大さじ3

 ※好きなだけ入れてください♪
●マヨネーズ…大さじ2
●オリーブオイル…適宜
●溶けるチーズ…たっぷり
●パセリみじんぎり…適宜
●塩、胡椒…適宜

 

■作り方(ジャケット・ポテト)

Step1
じゃがいもにフォークで数カ所穴をあけ、耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジで10~15分加熱。
その間、ツナ缶とコーン、マヨネーズ、塩胡椒をまぜておく。

 

Step2
(1)のじゃがいもに串がスッと通れば、オリーブオイルと塩をからめる。
(ハーブソルトでも美味しいですね~)

 

Step3
(1)のじゃがいもを200度のオーブンで30分程焼き、皮がパリっとしたら一旦取り出す。

 

Step4
(3)に十文字に切り込みを入れパカッ!と開き、耐熱皿かアルミホイルにのせ、ツナマヨ、溶けるチーズ、パセリ、その他好きな物をのせ、もう一度チーズが溶けて全体に焼きめが付くまで焼く。

 

焼きたての、ジャケットポテトにサワークリームを付けていただくのも美味です。
シンプルに、バターと塩だけでも十分おいしいです♪日本人ならバター醤油かな。
居酒屋で、イカの塩辛がトッピングされていたのは、斬新で美味しかった!

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
チラシ・名刺など印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)へ。
デザインと執筆をこなすグラフィックデザイナー、ライター。
印刷物デザインはもちろん、旅・温泉コラム、世界の料理レシピも執筆。
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。