日記

ティモテとの出会い

 

今日、テレビを観ていると

 

「あのティモテが、帰ってきた。」っとCMがあった。

 

 

 

なに!?あのティモテが!!!

 

私には、ティモテと出会いのエピソードがある。

 

 

ティモテはもともとスウェーデンの商品で 日本には1985年に上陸。

当時私は小学四年生。

このCMに憧れを抱いていた。

金髪の少女が、髪を洗っている。

 

当時の家で使用していたシャンプーといえば、

メリット!・・・・・王道である。

水色のボトル、水色の液体に正直、飽きていた。

 

でも、自分でシャンプーを購入できる時代でもない。

 

あ~~~~~買って欲しい!ティモテを!

 

そんな密かな思いを抱いていた私に

チャンスがやってきた。

 

小学五年の時に、「少年自然の家」に行くことになった時。

携帯シャンプーを持っていかねばならなかった。

 

なんとその時に、ティモテのミニボトルを買ってもらったのだ。

やったぁ~~~~~!!!

有頂天モード!!!

 

そして、少年自然の家、お泊まり当日。

数々のレクレーションをこなしながら、

私はワクワクして、お風呂タイムを待っていた。

 

あの時の感動を今でも憶えている。

 

ついに来たお風呂タイム。

同世代で一緒にお風呂に入る経験がなかったため

クラスの女子は大はしゃぎ!

 

特に私は、発育が良すぎて小学5年にして160cm。

そのことがものすごく恥ずかしくて、お風呂なんか入るもんか!

っと決めていたのだが、

ティモテのお陰で、恥ずかしさもなく、

とにかく髪を洗う!ことが目標だった。

 

ティモテのシャンプーは、オーガニックハーブが使用されていて

琥珀色のような透明液体。手に出して、頭につけて泡をたてる。

 

うわぁ~~~~~!良い匂い!!!

 

私は、その良い香りに酔いしれた。

 

この頃の私は、ハーブとやらの意味は分かっていなかったが

あの金髪少女のイメージで、香りを想像していたため、

今まで嗅いだことのない香りに感動した。

 

はじめてハーブに興味を持ったのは

ティモテの存在だ!っと今回気付かされた。

ティモテ、すげぇ。

 

その思い出のシャンプーが帰ってきたとは。

あの頃と匂いは同じだろうか?

私の海馬から、その匂いの引き出しが開かれるだろうか?

 

近いうち購入するであろう新・ティモテに期待がふくらむ。

コメント

この記事へのコメントはありません。