日記

【乗馬への道】vol.2~まずはとにかく馬に慣れよう♪

 

乗馬クラブに入会にする前にお勧めしたいのが「体験レッスン」。

やはりなんでも、体験しないことには、自分に合っているか合っていないかわからない。

 

乗馬がしたい!といくら想像しても

いざ乗ってみると、想像とかけ離れているかもしれない。

 

急に入会するよりは、乗馬レッスンで”自分のやりたい度”を見極めよう。

 

 

霧島アート牧場 ホーストラストにて 体験乗馬のお相手:八重さん

 

 

私は、乗馬クラブに入会する前に、2度体験レッスンをした。

1度目は、鹿児島県霧島市にある「霧島アート牧場ホーストラスト」。

2度目は、今現在入会している大分県由布市にある「乗馬クラブクレイン湯布院」。

 

さすがに、はじめて馬に乗った時はその高さに怖い!と感じた。

おまけに、相手は生き物。想定外の動きをするから、その度にビビる。

 

でも、体験乗馬や初心者用の馬は、20歳くらいのベテラン馬ばかりなので

温厚で、のんびり屋。調教師さんの事しか言う事を聞かないので

急に走り出したり、蹴ったり、妙な動きをしたりする事はない。

なので、そのベテラン馬に大船に乗ったつもりで身を任せていれば大丈夫。

 

 

大分県由布市 乗馬クラブクレイン湯布院にて 体験乗馬のお相手:バニラくん

 

 

2度目の体験レッスンでは、速歩までを体験。

外から見れば、馬が普通に歩いているだけの速歩だが

乗っている方は、めちゃくちゃ早く感じる。

怖かったけど、風を切るのが心地よいと感じた。

 

体験レッスンで「気持ちが良い」と感じたし

どうしても駈歩の馬に乗れるようになりたい。

海や草原を駆け抜けたい。

その思いが以前より強くなり、入会を決心した。

 

 

ファーストレッスンをしてくれたお相手:ボブくん

 

入会して、ファーストレッスン。

馬小屋から馬を出し、馬装する。馬装とは、馬に装具をつけることだ。

 

“無口”という普段つながれている手綱から、乗馬用の”頭絡”というものに付け替える。

そして背中に、ゼッケン、パッド、鞍を乗せる。

 

鞍を乗せた後は、腹帯を馬に回しつける。

腹帯をつける時に、程よく締め付けるため

馬が嫌がって噛むことが稀にあるそうだ。

 

馬とコミュニケーションをはかりながら、

どんな癖のある馬なのかを見極めるのが初心者には難しい。

 

乗に乗る!という事に思いが先走りがちだが、まずは馬に慣れることが大切だ。

バイクや自転車とはわけが違う。

相手は生き物。お互いに考えを持つ生き物同士である。

意思疎通を図ってレッスンをすることが大切だ。

 

 

2鞍、3鞍のお相手:アルティッシモちゃん

 

ファーストレッスンを終えて2週間後。2回目のレッスン。

馬に乗った回数を”○鞍”と数える。

私はまだまだ3鞍。

焦らず基礎を自分の体に叩き込もうと思っている。

 

だいたい1~30鞍が入門者。

常歩、軽速歩を中心に馬のコントロールの基礎を学ぶ。

 

31~70鞍が初級者。

レッスンの中心が軽速歩から駆歩に移っていき、

図形も思い通りに描けるようになって乗馬の一番楽しい時期。

 

71鞍~120鞍は中級者。

横木通過から、前傾姿勢によるクロスバーや低い障害の飛越の練習に入っていき、

馬配で難しい馬を当てられることも多くなり、誰もが悩む時期。

 

121鞍~300鞍は上級者。

ここまでくると、競技に出るか出ないかの世界。

レッスンの中心を馬場馬術におくか、障害飛越におくかを決め、

その分野のレッスンを集中して行う。

 

 

自分がどこまで乗馬をやるかは分からないけど、

まだまだ始めたばかり。

 

日本はもちろん、海外でも乗馬ができるように

生涯の趣味として楽しんでいきたい。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////  
  チラシ・名刺などの印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)

その他にも、旅エディライターのお仕事もできます。

 
  ★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)  
  https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com  
  ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。