ダマリ紀行

[大韓民国_楊州]母と娘のふたり旅/チャングムテーマパーク

母と娘。

それぞれ、海外旅行は体験済みだったが

二人で海外旅行というのははじめて。

 

いざ、どんな旅が待ち受けているのかな?

 

期待に胸を膨らませ

旅立つふたり。

 

2008年10月12日出発。2泊3日の旅。

 

 

ソウルは朝から活気に満ちていた…。

初日の旅は朝5時起き。

念願のチャングムテーマパークへいざ!

 

 

京畿道楊州市にある「大長今テーマパーク」仁藤着。
ソウル市内からバスで1時間。チャングムファンには憧れの地。

 

 

退膳間(テソンガンー配膳をおこなう台所)。

何もかも自由に触れるから、ファンには嬉しい!記念撮影しまくり!

 

 

こういう場所で、勉学に勤しみたい。医女を目指して猛勉強!!

 

 

大殿(デジョンー王の住む宮殿)。玉座に座って王様気分であります。

 

 

義禁府(ウィグンブー王の命令を受け罪人を取り調べる官庁)監獄。

いろんな刑の道具があったぞ…。

 

 

あずまや。

ここには、お酢や手紙を隠したり、

松の実を松葉に通すシーンがあったりと、ファンには思い入れが強い場所。

 

 

お待ちかねのコスプレタイム! 念願の女官の格好をして撮影しまくり!

おかあさん、最高尚宮(チェゴサングン)のコスプレ似合い過ぎ!

 

 

トックおじさんの家をみたり、

トックおじさんが作ったドブロク(黒豆で作ったマッコリ)が

香ばしい風味で美味しかったぁ***

 

<後記>

2015年にチャングムテーマパークは閉園となりました。

現在は、「韓国民俗村」という場所ができているそうです。

ここでは、韓国ドラマの様々なロケ地になっているので

楽しめそうですねぇ。

 

つづき記事>【KOREA】タビオンナvol.7~母と娘のふたり旅/充実ソウル散策

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
チラシ・名刺など印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)へ。
デザインと執筆をこなすグラフィックデザイナー、ライター。
印刷物デザインはもちろん、旅・温泉コラム、世界の料理レシピも執筆。
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。毎日ブログ更新中!

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。