日記

【榊の花】話は尊皇攘夷思想から天照大神=天皇=国家神道へ。

 

■これ、なんの花?

 

魔女パートファームの一箇所に

かわいらしい花をみつけた。

 

葉っぱの下に、びっしり下を向いて咲いている。

とても控えめに、小さい花がビッシリ。

 

この花は、この木は一体なんの木だろう?

 

いつも不思議に思っていたのだが

今日、その謎がとけた。

 

「榊」だった。

 

榊の花って、こんな風に咲くんだね~~~。

 

魔女パートの朝は、神棚にある榊の水をかえる。

かえる際に、葉っぱを水で両面濡らす。

以前、花屋さんでバイトをしている時に教わった。

葉っぱものは、水で濡らしてあげると長持ちするらしい。

 

それに、榊の葉に水滴がついていると

なんだかみずみずしくて気持ちがいい。

 

私の実家にも、榊が植わっていて、

祖母が台所の大黒様に供える。

 

母方の祖母は、神道だった。

家には、お雛様の段飾り並みの神棚があり、

毎朝、白装束を身をまとい、チヂンを叩きながら祝詞をあげていた。

 

榊というと、そのイメージが強い。

 

 

■国家神道

 

一般的な神棚は、これだよね。商売の神様でもある。

 

そういえば、私は高校時代、弓道部だったが

部活をはじめる前と終わりに必ず、神棚に向かって礼拝していた。

今思うと不思議だ。

 

調べてみると、宗教的な神聖な場所、神の領域としての神棚とは全く意味が異なるらしい。

 

幕末から明治にかけて、尊皇攘夷思想の高まりとともに、政府権力の強化と富国強兵の国策として、

天皇を神格化し、現人神として国民統合の支柱とする「国家神道」が作り上げられた。

天照大神=天皇=国家神道という関係ができあがった。

 

国家神道とは、大日本帝国時代の日本で、

日本政府の政策により成立した国家宗教のことだ。

 

この体制のもと、明治44年に旧制中学校の課外授業に撃剣と柔術が採用になり、

それ以降、徐々に武道の道場に神棚が設けられるようになった。

そして神棚の下に日章旗が掲揚され、道場入室の際に神拝がおこなわれるなど

神前稽古の形式で稽古が行われるようになった。

 

っということは、弓道の部活動で礼拝をしていたのは、

国家のため、天皇のため。っということになるのか、、、、、。

(幕末だったら、有無言わさず攘夷派だな、、、苦笑)

 

昭和11年5月に文部省主催で開催された体育運動主事会議における、

「学校に於ける剣道柔道等の実施に関し留意すべき事項如何」という文部大臣の諮問に対する答申で、

「道場には神棚を設けること」という一項が明記されてからというもの、

強制的に道場に神棚を祀るようになったらしい。

 

だけど、少し謎が解けた。

実家は浄土真宗なのに、明治神宮の天照大神のお札がある。

これは、神を崇めるという宗教的な意味ではなく

祖母世代の、「国家神道」の名残なんだな。。。。納得。

 

 

■神棚の祀り方

©神棚の祀り方

 

米・塩・水。は、毎月1日と15日に新しいものに取り替える。

榊は毎日、枯らさずに。

 

神棚は、店内や家庭に神社があるのと同じなので、

神棚へお参りする時の作法は、神社へお参りするときと同じで「二拝二拍手一拝」が基本。

より丁重にお参りしたい時は、まず二拝してから祝詞(※家族の健康などを心の中で祈念しても可)を奏上し、

その後に「二拝二拍手一拝」を行うという方法もある。

 

 

余談。

榊に似ている樒(しきみ)という植物がある。

古代には榊と同様に神社でも用いられたらしいが、樒自体は、日本には自生していないんだとか。

 

現在でも京都市の愛宕神社などの神事には榊でなく、樒が使われている。

樒を挿した水は、腐りにくいんだって。結構毒性があるらしい。。。。

 

スターアニス(八角)にそっくりな実をつけるらしく

誤った事故も多々あるとか。スターアニスは、トウシキミの果実。

気をつけよう~~~!

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

チラシ・名刺など印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)へ。

デザインと執筆をこなすグラフィックデザイナー、ライター。

英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。