デザインコラム

風船に乗せた種から繋がった縁。紙にできる事を教えてもらう。

風船に乗せた種から繋がった縁。
紙にできる事を教えてもらう。

なんだか長いタイトルになってしまったが。。。

さかのぼること、私が小学生の時。
風船に、種を入れた袋を付けて、飛ばす行事があった。
何の種を付けたかは覚えていないが、
種と自分の住所を書いたメモを添えた事は記憶にある。

しばらくして、風船の事など忘れていた頃に、ある人からハガキが届いた。

なんと、私の風船は鹿児島の隣
宮崎県まで飛んでいて
種を拾った方からのハガキで、とても嬉しかった。
そんなロマンティックな事が現実に起こるなんて、子供でも信じられなかった。

その方は、絵手紙教室の先生をしている女性の方で、その後、時々ハガキをくださった。

そのハガキの中でも、一番斬新で、驚いたものがある。
ダルマの絵が大きく描かれていて、
ダルマの目がくり抜かれている。
そして「見通しが良い年になりますように」っと書いてあった。

ハガキで、こんな事できるのか。

衝撃的だった。

この事が、今もグラフィックデザインの原点にある。

紙が出来る可能性。
印刷の可能性。
二次元だけど、三次元で楽しめる可能性。

紙だからこそ、楽しく出来る事がある。

毎年、年賀状の時期になると、ダルマの年賀状を必ず思い出す。

今年は活版印刷が流行っているらしい。
いいね、そういうの。

私も、もっと勉強して
紙で楽しめる事、生み出していきたい。

コメント

この記事へのコメントはありません。