日記

2016年を一文字で表すと「苦」

やっと、

やっと地獄の2016年が終わる。

 

私にとって2016年は

40年間生きてきて、最悪な年だった。

 

フルマラソンを年明け早々と3月に完走し終えたまでは

順調に思えたが

3月末に、母のまさかの末期がん宣告には、

本当にメンタルが壊れかけた、、、、

 

4月には彼のお父さんが突然死。

そして5月に在宅ホスピスの末、母の死。

 

6,7,8月っと

実家で過ごすことができ

ここでメンタル修復できたことは、本当にありがたい。

家族、友人達に

心から感謝している。

みんなのおかげで、笑うことができた。

 

9月。大分へ引っ越し。

彼の病気、自分の孤独に向かい

慣れない土地での新生活にストレス。。。。

 

そこからなんとか、回復へ向かうも

精神的には喪にふくしたまま。。。。。

 

母の介護をしながら、

ずっとずっと思っていたのは

早く年末にこたつに入って、「今年は大変だったよねぇ」

って語り合う日が来ないかな。。。。

と思ってしまっていた。。。

 

母の死のカウントダウンの毎日。

6月まで?7月まで?

 

そうこうしているうちに、

病状が突然悪化して、すぐにいなくなってしまった。。。

 

母が死んだ2016年は、私にとっては「苦」でしかなかった。

 

毎日励みに読んでいる、小林麻央さんのブログ。

麻央さん自体も今年は「苦」しか思いつかなかったそうだ。

 

さて、2017年。

絶対良い年にしてみせる。

 

西溜の夜明けぜよ。

「幸」にして、みせるぜよ。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。