デザインコラム

【広告デザイン/プロとアマの違い】フォント(書体)はデザインの要

 

広告宣伝費。

安く見積もられがちな費用。

 

世の中、デジタルが普及して誰もが簡単に広告を制作できる時代になっている。

 

広告を制作するソフト「イラストレーター」や「フォトショップ」を

ちょっと使えるからと言って、そういう人たちが格安で広告デザインの仕事をする。

結構やっかい…。

 

名刺を3000円、A4チラシ片面5000円で制作。

って…。

 

プロの仕事なめんじゃねーぞ!!(`Д´#)ノゴラァ

 

 

安くて見栄えの良いデザイン。そして、それに納得すれば、それでいいと思う。

だけど、世の中、格安なのには、それ相応に理由がある。

 

【広告デザイン/プロとアマの違い】フォント(書体)はデザインの要。

 

フォントは、広告デザインにおいて、とても重要な要素。

フォント選びだけでも、頭を悩ませる。

だが、安いデザインは、フォントが違う。フォントの見せ方がちゃちい。

 

フォントと言っても、そのフォントによって文字詰め、字間、行間、

そして、数字だけは他のフォントにする。とかしないとか。考える。

 

 

 

これを例に挙げると

「毎月」というフォントと「10」という書体は別物。

そして、「5」と「%OFF」も違うフォントだ。

同じフォントで作ると、変になる。

 

フォントにもそれぞれ役割がある。

読ませるフォント、見せるフォント、飾るフォント、などなど。

 

なんちゃてデザイナーが制作した広告は

フォントがちゃっちい。見せ方のメリハリもない。

ただ、ツラツラと文字を並べただけだし、

ひどい時には、字間もバラバラで、見ていると気持ち悪くなる。

 

ここでは、そういう広告を制作している人たちの悪口を言うつもりはなく、

ただ、プロに頼むと、フォントの一字一句まで神経を張り巡らせ

デザインを考えている!っていうこと。

だから、それ相応に時間がかかるため、制作費も妥当なお値段を提供している。

 

私は約17年間、広告制作をしているが

その間に培った技術、能力、ノウハウ、雑学、そこにかけてきた時間を

惜しみなく出し切って、パワーある広告制作を心がけている。

 

だから、格安ではデザインは提供できません。

っとハッキリいいたい。

 

私は、安い女じゃないのよ。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを!
POWER to all the graphic design!
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。
Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English.

 

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com

①氏名
②メールアドレス
③住所
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 

【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。