日記

【時間とは命そのもの】ただ、その時を過ごす燃焼の度合いが違う。

 

この写真は、バラ苗たち。

綺麗に剪定がなされ、誘引され、置き肥が撒かれている。

 

3月の今の時期は、葉もなく花もなく

ただただ5月に大輪の花を咲かせる日を、じっ…と待っている。

 

こんな状態だから、お客さんはバラを見にこない。

この、じっ…と時を待つ姿が私は結構好きなんだけど。

 

最近、松下幸之助の有名な著書「道をひらく」を購入した。

オーディオブック付きだったので、それをパートの通勤中に車内で聞いている。

(ビジネスマンか!って自分に突っ込みながら)

 

しかしながら、これが、良い。

なんとも、心に、ずん…と響く。

 

最近では「時を待つ心」という文が良かった。

 

「静かに春を待つ桜は、一瞬の休みなく力をたくわえている。たくわえられた力がなければ、時が来ても事は成就しないであろう。」

 

私は、この部分を聴いた時、

5月に大輪の花を咲かすバラ苗を思い出した。

 

バラ達は、ただただ静かに、力をたくわえているのだと。

 

「時を得ぬ人は静かに待つがよい。大自然の恵みを心から信じ、時が来るのを信じて、着々とわが力をたくわえるがよい。着々とわが力をたくわえる人には、時は必ず来る。時期は必ず来る。」

 

人生には、なにもかもうまくいかず八方塞がりの時期がある。

そんな時には、とにかくできる事だけでも少しでもいいから

何かを前進させることだ。と私は思う。

 

5月のバラは、それはそれは満開で香りも良く

華やかで多くの人たちを魅了するだろう。

 

その美しい姿だけを見に来る人々。

それはそれで良いのだろうけど、

その美しい花を咲かせるまでには、地味に耐え抜く日々があるということ。

その地味な日々の中で、少しづつ少ししづつ力をたくわえているということ。

 

それは、人にも言える。

どんなに華やかな人でも、成功者と呼ばれる人でも、

地味に耐え抜く日々は必ずある。

 

この世に生を受けた人々は皆、公平に「時間」を与えらた。

誰にでも1日24時間与えらている。

時間とは命そのもの。

 

ただ、人によって

その与えらた時間を過ごす燃焼の度合いが違う。

放つ光が違う。

 

地味な日々にこそ、意義がある。

 

バラ苗から葉が芽吹き出した。

私も一緒に、芽吹いていくぞ。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを!
POWER to all the graphic design!
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。
Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English.

 

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com

①氏名 ②メールアドレス ③住所 ④部数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 

【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。