デザインコラム

【同じ黒色でも違う黒】スミベタ、リッチブラック、4色ベタ

 

広告制作を行う際に、絶対的に使用する色。

それは「黒」。

 

自力で広告を作っている方は、多くの人が色パレットから

黒い部分をポチっ!と押して選んでいると思う。

 

しかし、この黒。

同じ黒色でも選ぶ黒によって、印刷の仕上がりが違うことをご存知だろうか?

 

デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」。

このタイトルに使用している黒色は

「4色ベタ」で作られた黒。

4色ベタというのは、C100%、M100%、Y100%、K100を混ぜて作った黒。

印刷屋さん泣かせのベッタベタの黒だ。

これは、あまり使用するのをオススメしない。

自宅のプリンターで出力する際も、プリンターにとってよくない。

 

では、なぜ4色ベタにしたか?

 

私は、ここぞとばかりに黒光りさせたい黒を4色ベタにする。

テッカテカの黒。

「POWER」をお手元に持っていただいている方は、是非見ていただきたい。

タイトルが黒光りしているでしょう?

 

©フジテレビ

 

 

デザイン会社に勤めていた頃の作品。

A4ヨコ全8ページのフジテレビ主催の着物カタログ。

 

この表紙の黒は、4色ベタ。

漆塗りのような光沢感があり、着物が際立ち、クライアントがとても喜んだ。

(ただし、印刷屋さんは泣いていたはず…4色が全て100%使用されているから乾きにくいし、機械によくない)

 

なので、印刷屋さんを泣かせない4色かけあわせでできた黒を

「リッチブラック」という。

先ほどの4色ベタはCMYKがすべて100%だが

リッチブラックは、CMYは40%、K100%のかけあわせでできた黒。(40%は推奨値)

ほどよい黒に仕上がる。

 

ただし、細い文字や線、図形などに使用すると

版ズレ(CMYKがズレて印刷されること)をした時に、ぼやぁ~~~~~っとした黒になるので注意。

乱視で文字をみているかのような、ボケ具合になる。

 

リッチブラックを使用する場所は、黒の塗りつぶしが広い部分にしたほうが良い。

 

ゆえに、一般的に使用するのはK100%のスミベタ。

文字は、ほとんどスミベタが良い。ズレの心配もない。

 

ただ、私のように、「黒光り」「漆塗り感」を出したい場合は

リッチブラックや、4色ベタの黒を使用する。というのも面白いかと思う。

 

上記に紹介した、着物カタログ表紙の黒を

K100%だけのスミベタにすると、「ピンホール」といって

白い点々が残ったりする場合がある。

広範囲を黒にする場合は、リッチブラックを使用したほうが良い。

 

結果、自作するより、プロにお願いしましょう!!!

ってな話ですが(^^)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】

2017年4月16日(日)好きを仕事にする見本市かさこ塾フェスタin東京浅草橋

マガジンブースに置かせていただきます!

興味をお持ちの方は、お気軽にお持ち帰りください(^^)/

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com

①氏名 ②メールアドレス ③住所 ④部数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 

【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。