デザインコラム

アルカリ電池とマンガン電池、どっちがいいの?

 

私の手になって懸命に働いてくれているMacのマウスとキーボード。

どちらも、単三電池で無線。

 

結構浪費が早くて、何度も電池を替える。

 

で、毎回毎回お店に行くたびに悩むのが

「アルカリ電池」と「マンガン電池」どっちを購入するか?

 

Macのマウスとキーボードに使う電池は、どっちがいいのだろう?

調べつつ、ブログに書くことに。

 

違いは大きく分けて2つ。

 

【その1】

中に入っている材料は両方とも、プラス極材料に「二酸化マンガン」、

マイナス極材料に「亜鉛」を使用。

材料の量や形、部品そして、中の作りが違う。

 

【その2】

パワーが違う。
●アルカリ乾電池
パワーがあり、長持ち。大きな電流を必要とする機器に向いている。
<例>CDプレーヤー、MDプレーヤー、強力ライト、ミニ四駆など
●マンガン乾電池
休み休み使うと、電圧が回復するという特徴がある。小さな電流で休み休み使う機器に向いている。
<例>リモコン、時計、小型ラジオ、電卓、懐中電灯(常備用)、ストーブの点火用電池、体重計
などなど、小電力で時々しか使わないもの

 

 

そうなのか。

でも、キーボードとマウスって、どちらでも当てはまる気がする、、、

やっぱ、アルカリかなぁ?

 

一度、マンガンを試してみたけど、切れが早かった気がする。

 

さらに調べると、やはり、マウスやキーボードはアルカリを使用したほうがいいらしい。

マンガンを使用すると故障の原因になるとか!!!!

 

改めて調べてみると、やっぱり知らなかったなぁ、違いを。

体重計や測りなんて、アルカリ入れてたよ。

マンガンなんだね。

 

なんとなく、アルカリ電池のほうが高級に思えて、マンガンより電池が長持ちする!

という固定概念があったけど、使い方が違うんだね。

 

注意!)マンガンとアルカリを混ぜて使うと故障の原因になるらしいので気をつけよう!

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【セルフマガジン制作プロデュースプロジェクト POWER for Restart Project】

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com

①氏名 ②メールアドレス ③住所 ④部数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 

【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。