デザインコラム

写真切り抜きは、ひと針ひと針縫う縫い物と似ている

デザインの仕事では、画像加工も必須。

 

色合いを修正、補正するレタッチもあれば、

写真を切り抜く作業もある。

 

「え?デジタルの写真を切るの?」

という方に簡単に説明しよう(^^)b

 

写真には、おおざっぱに分けて「角版」と「切り抜き」がある。

 

●角版

 

●切り抜き

 

広告物を制作する時、とくに写真点数が多いチラシなどは

角版、切り抜きでメリハリを出して、効果をつける。

 

角版は、そのまま画像を貼ればいいのでラクだが、

切り抜きの場合は、「切り抜き」という作業があるため

時間がかかる。

 

デザイン会社に勤めていた時は、何枚もある写真切り抜きだけ

外注していた。それだけ、時間を要する作業なのだ。

 

なるべく角版で行きたいところだが

切り抜きの写真を入れ込むと、見栄えがよくなったりするため

とても大事な作業。

 

「どうやって切り抜くの?」という方に

簡単に説明しよう(^^)b

 

AdobeのPhotoshopという画像加工をするソフトで作業をする。

 

 

このペン先のようなツールで、切り抜きたい画像にそって

ひと針ひと針縫うように、「パス」を入れていく。

 

このパス入れが、初心者には結構難しい。

 

こんな感じで一点一点線を入れていく。

 

簡単な切り抜きならいいが、

切り抜き泣かせのような写真もある。

 

自転車のホイールとか泣いたなぁ(T_T)

人の髪とか、フワフワの毛とか、切り抜いた後にさらに一手間かけて

「THE 切り抜きました感」を取り除いたり、、、。

 

切り抜いたものを、なにかの背景と合わせる時、

そのまま載せると、「THE 切り抜きました感」「THE 合成感」が出るため

背景となじむように、ぼかしたり、影をつけたりという

他の技術が必須になってくる。

 

デザイナーは見栄えの紙面を制作することだけじゃなくて、

地味な作業時間が圧倒的に多い。

 

信じられないくらい椅子から動かないしね(T_T)

 

ともかく、画像の切り抜きというのは

縫い物みたいだなぁ、、、と改めて思う。

 

縫い物は、目が細かいほど丈夫で仕上がりが綺麗。

それは、写真切り抜きも同じ。

 

今夜もせっせと写真を切り抜く。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【セルフマガジン制作プロデュースプロジェクト POWER for Restart Project】

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com

①氏名 ②メールアドレス ③住所 ④部数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 

【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。