日記

34年ぶりに観た!?私の映画館デビュー「E.T.」

なんとなく、SFが観たくなった夜。

「E.T.」を観ることにした。

 

「E.T.」なんて、地上波で何度も何度も放映されただろうが

私は映画館で観たのが最後だった。

 

私が小学1年の年。E.T.が日本で公開された。

私が、映画館で観た初めての映画だ。

 

6歳にして憶えていることといえば、

自転車で空を飛ぶシーン、ETの命と共に花が枯れていくシーン、

なんだか分からないけど、家が白く囲まれてETが悪い人たちに連れて行かれる!と思ったシーン、

そして買ってもらったETのキーホルダーとハンカチ。

とこんなもん。

 

ストーリーの流れとか内容とか一切憶えていない。

 

何より衝撃的だったのは、一緒に映画を観ていた母の泣いている姿。

もしかしたら、母が泣いているのを見たのはこれが、初めてだったかもしれない。

 

E.T.って泣けるのか?

子供が宇宙人を助けて、結局別れるってストーリーは想像できるけど泣けるの?

 

6歳の時に観た以来、私は40歳にして「E.T.」を観ることにした。

結果、

泣けた〜〜〜〜〜〜(T_T)、号泣〜〜〜〜〜〜(T_T)

母の気持ちが分かるぅ〜〜〜。

 

E.T自体が愛らしいキャラで、とってもかわいい。

そして何より、主人公のエリオットが、最高の演技!泣かせるわぁ。

 

この映画には、ドリュー・バリモアが主演している事で有名だけど

子役の時から、かわいいし、演技上手なぁ。

 

小学1年の時、E.T.のハンカチを教室でみせびらかしていた事を思い出す。

E.T.のキーホルダーも立体的でかわいかったよなぁ。

どこに行ったんだろう。。。。

 

天国の母に捧ぐ。E.T.に連れて行ってくれてありがとう。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。