日記

光GENJIとダマリ。光GENJIに救われた父子家庭時代。

↑20数年ぶりに光GENJIを描いてみたww

 

私と光GENJIの出会いは皮肉だった。

忘れもしない小学5の夏休み。

 

学校のプールに遊びに行っていた私は、

同級生の裕子ちゃんから

「光GENJIって知ってる?STAR LIGHTって知ってる?」

と聞かれた。

 

「光GENJI?」

 

そしてその日、プールから家に帰ると

母の荷物がないことに気づく。両親は離婚していた。

 

小学生ながらに、薄々気づいていた私は

全てを受け入れていた。

 

そして、同じ時期に光GENJIがTVを独占し始める。

伝説のスーパーアイドルの誕生だ。

 

1987年8月19日。私の両親が離婚した日でもあり、

光GENJIのデビュー日でもある。

 

私は、母がいない。という現実から逃れるように

光GENJIに没頭していく日々が始まる。

 

光GENJIは、光(内海光司、大沢樹生)GENJI(諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、赤坂晃、佐藤敦啓)の7人グループ。

私が好きだったのは、諸星和己こと、かあくん。

 

当時は、歌番組の「ザ・ベストテン」「歌のトップテン」「ミュージックステーション」があり、

テープレコーダーをTVの前に設置して音源を録音していた。

ビデオは、VHS。常に一時停止にしておいて、TVの前で待ち構え、

録音と一時停止を繰り返す日々。

当時、光GENJIはミュージックステーションのレギュラーだった。

 

ドラマ「あぶない少年」が夕方放送されていたため、速攻で自宅に帰っていた。

ラジオ「GENJI・GENKI元気爆発」も夜な夜なベッドの中で録音するとともに聞いていた。

 

当時の芸能雑誌「明星」「平凡」「WinkUp」「POTATO」「Duet」など

祖母の手伝いのご褒美に買ってもらっていて、光GENJIの切り抜きを大学ノートに貼り、

解散までのノートの数は、30冊近く。

 

私が今やっているデザイン業のレイアウト力は、

この切り貼り、スクラップで養われたのではないかと自分で分析する。

 

雑誌の付録についていた歌詞カードブックで、新曲を覚える。

当時は小学生だったこともあり、分からない英語は担任の先生に聞いていた。

 

光GENJIと自分が主な登場人物の漫画を毎日のように描いていた。

ストーリーを考えて絵に描いていき、自分と光GENJIがいつも近くにいるような感覚に陥っていた。

 

離婚して離れていた母が、光GENJIのカセットテープを新曲が出るごとに送ってくれた。

私はそれを、ものすごく楽しみにしていたものだ。

 

鹿児島のど田舎で、コンサートなんて夢のまた夢だったし、

ファンクラブに入会するお金もない。

 

自分で録画した画像を繰り返して見る日々。

ダンスを覚え、仲間を7人集め光GENJIのグループを作って歌って踊って。

学校が終わると、団地の子達とローラースケートの練習をしていた。

 

鹿児島に1度だけコンサートに来たことがあるが、当時私は小学6年生。

ただ、鹿児島空港が目の前にあったため、友達と夜に初めての追っかけを試みるも

空港で彼らを見ることはできなかった。

 

私が初めて光GENJIのメンバーに会えたのは高校1年だった。

メンバー7人が日本全国に散らばり、握手会に来た。

 

鹿児島には赤坂晃が来ることに。

山本淳一ファンの友達とお金を出し合ってタクシーを飛ばして鹿児島市内にある握手会の会場を目指した。

が、開催日に台風が来て握手会中止。捨てゼニだったにも関わらず、

田舎からタクシーを飛ばして、高校生2人で鹿児島の繁華街に向かうなんて

とてもとても大冒険だった。

 

その後、日を改めて赤坂晃はやって来た。

初めての光GENJI。赤坂晃。

当時、自分が描いていた漫画の中で

諸星と私が恋仲だったが、赤坂と三角関係になる。という設定で描いていたため

私の中で、妄想MAX!!!!wwww

無事に、AKIRAと握手することができた。

 

私が高校3年の頃、光GENJIは解散となる。

最後は光GENJISUPER5というものになっていたけど…。

 

解散後も、赤坂の覚せい剤事件、山本の離婚、大沢の息子事件など色々あるけど

その度に、彼らのことが心配になる。

 

彼らは、私の心の恩人だから。

父子家庭でも光GENJIのおかげで毎日が希望に満ちていた。

ありがとう、光GENJI。ずっとずっと応援しています。

 

あ!そういえば、あっくん(佐藤敦啓)の誕生日だ!

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

電子版制作代行いたします!

「自分で電子版カタログ作るの面倒だなぁ。やってくんない?」

という方は、デザイン屋Damalish.comにご相談ください(^^)/

 

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。