日記

遺影写真。死んでから飾られる写真なのだから、素敵なものにしようよ。

 

大切な人が亡くなると、あれよあれよと葬儀の準備に移る。

納骨が終わるまで、とても忙しい。

 

悲しむ間も無く、葬儀屋との打ち合わせが始まる。

棺はどれ?骨壺はどれ?香典返しはどれ?

仕出しは?席の数は?あれこれ決めなければならない。

 

そして、遺影写真になるような顔写真を用意しなければならない。

 

私は、お葬式の「いかにも合成写真」と言うのが好きではない。

首から下は一張羅のスーツ、着物という合成が多い。

 

私は、葬儀屋さんに

「こちらで用意した写真をそのまま伸ばすことはできますか?」と訪ねた。

 

すると、結構大きく伸ばすので、画素が高ければ問題ない。との返答をいただき、

葬儀屋から急いで母宅に戻り、持参していたMacから母の写真を探した。

 

私は一時期、一眼レフカメラにはまっていたことがあり

その時の沢山のいい写真が残っている。

 

母の写真も沢山撮った。

その中の一枚が、こうして遺影写真となった。

 

「母らしい」と皆さんからお褒めの言葉をいただき、

この写真は、見ていて元気をもらえる。母の良さが100%出ている写真だ。

 

お葬式は、湿っぽいものにはならなかった。

 

奄美大島の青い海、青い空、

そして風、太陽の光を浴びて微笑む母の遺影写真が

爽やかで明るかったから。

 

葬儀に流す曲も、越路吹雪のシャンソンをずっと流してもらった。

なんだか、祝賀パーティみたいに思えた。

 

遺影写真は、葬儀を終えても、ずっと家に飾ることとなる。

 

私は思う。

その人が一番元気で輝いていた、その人らしさが出ている写真を遺影にしようよ!と。

 

「私が死んだ時は、これを遺影写真にして」と残してくれるものは別として

普段から、お気に入りの写真を見つけておこう。と思う。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ボロボロな写真を元どおりに加工致します!合成写真もできますよ!

「おばあちゃんの写真ボロボロだけど、綺麗に修復できないかな?」

「この写真のバックを、海にしたい!ついでに腰をくびれさせたい!」

という方は、デザイン屋Damalish.comにご相談ください(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。