日記

ダンス甲子園好きでしたか?

さっき、TVで「ヲタ芸」が高校生の間でブームだと放送されていた。

 

「ヲタ芸」と言えば、ハッピにハチマキ姿で

アイドルの曲に乗って、全力で踊る芸。

と思っていたが、今の「ヲタ芸」は進化している。

 

サイリウムを使って、光の演出をすることによって

一種のエンターテイメントとなっていて

アイドルを応援する側から、「ヲタ芸」を見せる側になっていた。

 

私が中学の頃

「天才たけしの元気が出るテレビ」という番組で

高校生がダンスを競う「ダンス甲子園」というコーナーがあった。

 

この「ヲタ芸」も全国大会があるようで

高校生たちが一生懸命練習している姿を見て

かつての自分を思い出していた。

 

放課後、空き地に集まってダンスの練習をする。

発表する場は、文化祭や体育祭、そして卒業式の後の謝恩会。

 

田舎の学校だったから、19:00まで練習していると

PTA会長が練習場に来て、「遅くまで何やってるんだ!」と

仲間にいた娘を連れて帰った日があった。

 

翌日、私は、校長室に呼び出しを食らった。

あの日のことは鮮明に覚えている。

 

今の時代の学生たちは、自分たちでスマホを持っていて

おまけに、動画を撮って世界に配信できる。

自分たちで趣味でやっていた「ヲタ芸」を配信し

何十万という再生回数になったりする。

 

もし、今、私が学生だったら「ヲタ芸」を仲間を集めてやっていることだろう。

 

ダンス甲子園が流行っていた頃、私は中学だったため

「高校生になったら、参加応募するぞ!」と心に秘めていたが

私が高校生になると、ダンス甲子園のコーナーはなくなった。

 

当時、ダンス甲子園で優勝していた「L.Lブラザーズ」や「インペリアル」が

鹿児島に来ると聞きつけると、バスや電車に乗って見に行ったものだ。

 

今や議員の山本太郎も、ダンス甲子園出身。

「戸塚ヨットスクール」というグループで異彩を放っていた。懐かしい!

メロリンキューwww

 

どんな時代も、何が時代に火をつけるかわからないものだ。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。