デザインコラム

名刺より、名刺入れに目がいってしまうダマリです。

 

名刺入れ。

私は個人的に、名刺よりも名刺入れに興味がある。

 

人それぞれ。多種多様。働きマンの数だけ、名刺入れが存在する。

 

名刺入れをみると、案外、その人の人柄が分かるような気がする。

流行り物好き?オーソドックス?ブランド志向?ハンドメイド派?など。

 

私が新入社員の頃は、ありがちなメタリックのシルバーケースに名刺を入れていた。

そして、次に使っていたのは、母が若い頃使っていたエルメスのお下がり。

 

で、今、愛用しているのは、本場奄美大島紬の名刺入れ。

 

私が奄美大島の新聞社に勤めている時、あるとき総務部長の名刺入れを目にする機会があった。

それが、大島紬の名刺入れ。その時、その名刺入れに一目惚れし、私も大島紬にしよう!と早速購入した。

 

本場奄美大島紬とは、絹100%、先染め、 手織りで絣合わせをして織上げたもの。

私の名刺は、泥大島と呼ばれ、泥染されたもの。

柄は、「龍郷柄」と言って、ソテツをモチーフにデザインされたもの。

 

着物に詳しい人に出会うと、「それ、大島紬?」という風に話すきっかけになるので嬉しい。

 

名刺入れは、名刺の枕とも呼ばれている。

「今日もありがとう」と話しかけねぎらおう。

 

ちなみに、名刺入れの後ろに置いてある貝は

スイジ貝と呼ばれ、奄美大島では魔除けとして玄関に飾ったり、吊るしたりする。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。