日記

また、大切な人が亡くなりました。

 

 

私は、2016年5月に最愛の母を亡くした。

そして、今日、母の旦那さんが亡くなった。

 

「おじちゃんが癌で、もう長くはない。」と、奄美に住んでいる従兄弟から昨日メッセージがあったばかりの事だった。

 

母は、私が小学5年の時に離婚して単身奄美大島へ。

そして、私が中学3年の時に、奄美の男性と再婚した。

おじちゃん。と呼んでいた。

 

毎年夏休みになると、母のところへ遊びに行っていた。

おじちゃんは、無口な鉄工所の職人さんで、怒鳴り声も怖かったし、あまり好きになれずにいた。

酔っ払った時だけ陽気になり、人生論を語るのが、余計に気に食わなかった。

 

私が27歳の時、母のいる奄美へ移住。

そこから、母とおじちゃんが住む家に8年居候することに。

 

一人暮らしがしたかったが、

おじちゃんが「美和ちゃんさえよければ、ずっといて欲しい」と言ってくれ

その言葉に甘えて住んでいた。

 

母もおじちゃんも我が強く、ケンカも酷いし、週末になれば、飲みに行って、酔っぱらい。

おじちゃんは、母に対して、怒鳴ってばかりいたし、手をあげたこともあった。

 

でも、母も一筋縄ではいかない破天荒な女性だったので、

どっちもどっちだった。

 

そんな生活を見ていて、母が死んだのは、おじちゃんのせいだ。とずっと思っていた。

 

母が脳卒中で倒れ、介護生活になってからは、おじちゃんは変わったけど。

それでは、遅すぎた。でも、お互い様の夫婦だったってことも分かっている。

 

母が亡くなった後に、私は、おじちゃんに「縁を切る」という内容の手紙を書いた。

母がいなくなったら、もう、奄美へ帰らない。と決めていた。

 

あれから1年5カ月。

「縁を切る」という手紙を書いておきながら、私は母が死んで一人ぼっちになってしまったおじちゃんの事をずっと気にかけていた………が、癌で末期、そして、もう死んじゃっただなんて。なんて、人生は儚いの。

私は、なんて冷酷だっただろう。でも、あのときは、そういう判断が正しいと思っていたんだ。

 

夫婦の繋がりが深いほど、

一人が亡くなった後に、すぐ亡くなる。っていつも目の当たりにしていたけど、

母とおじちゃんも、とても深い繋がりをもった夫婦だったんだね。

 

せめて、「おじちゃん、ありがとう。色々楽しかったね」って、話したかった。

まだ、温かいうちに、手を握りしめたかった。

 

いつも、後悔はしない生き方を選択しているはずなのに、

やっぱりこうして、悔やむ日が来る。

 

人の命に「絶対」はない。だから、今すぐ、大切な人にありったけのありがとう伝えよう。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。