日記

お墓って必要かな?

 

 

テレビで、お墓の現状について放送されていた。

 

現代は、墓離れが急増し、今後見守ることができない先祖の骨を

業者に頼み、粉末にし、海へ流すサービスがあるようだ。25000円。

海へ、粉砕した骨を撒き、バラの花びらをそのあとに撒いていた。

 

私個人は、こう思う。

全員、粉にして海に撒けばいいのに。と。

 

私は、かれこれ20年前くらいからそう思っていた。

オーストラリアでは、粉砕した骨を利用して、テトラポットを作り

珊瑚を守るために使用されている。

 

この方が、よっぽど良い。

狭くて暗いお墓に、永遠と入りたくない。

 

番組を見ていると、骨を粉砕したもので、大きな白い仏像を作っていた。

1つの仏像に、20000人近い人の骨が使用されるそうだ。

だが、近年は、骨が増加しすぎて、対応ができていないのだそうだ。

 

仏像を作るのは良いかもしれないけど………

そうも、場所をとるし、やり方がシンプルではない気がする。

だから、対応に追われ、結局預かれる骨も、制限がかかってくるようだし。

 

やはり、粉砕して海に捲くのが一番、理にかなっている気がする。

 

あとは、樹木のカプセル説。これも良いな〜と思っている。

自分が養分となり、その上に植えられている樹木が育つというもの。

 

お墓を建てるとなると、土地代と墓石代で100万〜150万。

私の叔父は、借金してお墓を建てていた。どうしても私には理解できない。

 

私の実家、ダマリ家はお寺にお墓がある。

実家に帰省するたびに、お参りに行く。

まだ、祖父しか眠ってない。

 

ここに、祖母も父も、弟家族も入るのか………と思うと

なんだか複雑な心境になる。

私が嫁いだら、彼の墓に眠るのか?

 

インドのバラナシでは、ガンジス川の川べりで焼かれ、そのまま川に流される。

私は、「なんて贅沢だろうか」と思う。

人の手で丁寧に焼かれ、人の手で、川に流される。

 

日本は、馬鹿高い葬式をして、火葬場へ行き、スイッチのボタン一つで焼かれる。

あっというまに焼かれて、小さい骨壷に入れられて、狭い暗い墓に入れられる。

 

もう、粉砕して海に撒いてください。私はそれが良い。

そうすれば、お墓参りは世界中の海からできるから。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。