ダマリ紀行

ローストチキン、過去に一度だけ挑戦したことがある

 

過去に一度だけ丸鶏のローストチキンに挑戦したことがある。

海外のスーパーでは、丸鶏をよく見かけるが

日本は、鶏屋に行かねば入手できない。

 

私も地元で美味しいと言われる地鶏屋さんへ前日注文の電話を入れ

調理する日に取りに行った。

結構立派な丸鶏だった。

 

しかしながら、自分で丸鶏を調理するなんて「初」だったため

ちょっとびびった。気持ち悪い。というのが本音かな。

 

日頃は、スーパーで綺麗に切り分けられたパック詰の部位を購入するから

こうして羽が抜かれた状態の生の丸鶏なんていうのは、ちょっと慣れないと勇気がいる。

私は、意を決して、ローストチキン作りに挑戦した。

 

お尻から、ピラフを詰めていく作業がある。

この作業もなかなかグロッキーww。

 

最初の一日目は、丸鶏にハーブ類や塩、オイルを擦りこみ、一晩寝かせる。

そして翌日、スタッフィングするものを用意し、

お尻から詰めて、竹串でとめる。(この時は確か、手抜きして冷凍ピラフを入れたはずw)

 

で、ちょっと失敗した!と思ったのが、オーブンの大きさ。なかなかギリギリだった。

海外のように、七面鳥を丸々焼けるぐらいのオーブンがあればいいのだが

日本製は、大きさに注意したほうがいい。

 

鉄板に、丸鶏と、ジャガイモを乗せて一緒にローストしていく。

途中で出てきた肉汁を、時々肉にかけるのがポイントだ。

 

 

もうちょっと焦げ目がついてもいいかな。

 

ファミリーで切り分けて食べると、本当に幸せをひしひし感じる料理だよなぁ。

また、挑戦する日が来るだろうか?

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。