日記

歯の神経を抜くって、ドユコト?

かれこれ2年ぶりに歯医者へ通っている。

以前治療して銀歯をかぶせた上奥歯がシクシクしていて、

銀歯の下に虫歯ができてるなぁ………と思いつつも引きずっていた。

 

その奥歯は、神経を抜かずに治療したのだが

2年前に治療した時に、「抜きますか?抜かないでおきますか?」と聞かれ

「抜かない方向で」とお願いしたものだった。

 

そして今回は、銀歯の下の虫歯の進行具合が根深かったため、

結局神経を抜くことに。

だけど、そもそも神経を抜くって、ドユコト?

 

 

 

私のイメージは、こんなカンジ。

細くて赤い糸を、ツ------------っと引っ張る感じ。

だけど、実際、Drはそんな作業をしている感じはない。

 

なにやら、グリグリグリグリっという作業を何度も何度も繰り返している。

ドリルでダダダダダ!という感じではなく、

細い針金みたいな器具で、歯の中をグリグリグリっと手作業でいている感じが頭蓋骨の振動から伝わってくる。

 

私は、その日、「神経を抜く」とはどういう作業をするのか調べることに。

すると、こんな感じだった。

 

 

 

 

Step1

神経を抜くにはまず麻酔する。

 

Step2

唾液による感染を防止する。
(感染すると治療後に痛みが出たり根の先に膿ができるため)

 

Step3

虫歯を取り除き、歯髄腔の中の歯髄(神経・血管・リンパ管)を針のような器具を使って掻き出す。
また、薬が入りやすいように根っこの形を整える。
歯の根っこはとても複雑な形状をしているため、拡大鏡などを使い、神経を取り残さないように丁寧におこなう。

 

Step4

消毒をして薬を入れて仮に封をして終わる。

 

Step5

虫歯の進行具合によって、step3とstep4を数回繰り返す。

 

Step6

神経がなくなった歯は非常に感染しやすい。

消毒した薬を空気が入らないように隙間なくしっかり詰めていく。

 

 

 

こんな作業工程だ。神経というのは、歯髄を指しているんだね。

「神経を抜く」っていうより「歯髄を掻き出す」というのが本来の表現に近い。

ちなみに、神経を抜いた歯は、黒くなるので要注意。(ハリセンボンの、はるかが見本w)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。