ダマリ紀行

[インド]お菓子?噛みタバコ?インドの国民的嗜好品「パーン」

 

インドのタクシーやリクシャーの運転手が

時折、何やらペッペ、ペッペ、唾を外に吐き出している。

感覚的に、「噛みタバコかな?」と思った。

 

その感覚は間違いではなかった。

インドの街を歩くと、噛みタバコ屋さんが所々にある。

何やらハート型の形をした葉っぱの上に、色々な香辛料をのせクルクル巻いて手渡す。

 

これは、なんとういう植物の葉っぱで何の香辛料をのせているのだろうか?

私は興味津々だったが、「タバコ」というからにはマズイに決まっている。

と、諦めた。

 

が、インド最終日。

インド門という観光客で賑わう場所へ出向いた時

噛みタバコと同じ葉っぱに、色あざやかなモノが盛られていて

女の子や、マダムが群がっているのを発見した。

 

 

え?子供が食べるということは

これは、噛みタバコではなくて、お菓子なのか?

なんとなくココナッツ的な甘い匂いがする。

 

 

インドまで来て、これを食べないと意味がない!

私は衝動にかられ、お兄さんに一つオーダーした。

1個Rs20。日本円で、40円。

 

 

お兄さんがクルクルっと葉っぱを巻いて手渡してくれた。

 

 

 

私は、何の躊躇もなく半分口に入れて噛み切る。

ん?????なんじゃこの、香水のような味は………

 

ココナッツ、ドライフルーツ、砂糖、

硬いナツメグのようなモノが砕かれたものが入っている。(後にしらべるとビンロウジュの実)

クシャクシャ噛んでいるうちに、いつのまにか口の中から消えている。

 

 

今思えば、クシャクシャ噛んだあの唾液を、外に出さねばならなかったのでは?

飲み込んでしまったけど、下痢ピーピーにならないだろうか?

もう、食べてしまったのだからしょうがない。

 

初め、口に含んだ瞬間は、今まで食べたことのない味に「ゲ、マズ……」と思ったが

食べた後は、なんだか口の中がスッキリ爽やか。

これって、ガムみたいなモノなのだろうか?

 

日本へ戻り、このモノについてググってみるとハート型の葉っぱは「キンマ」という植物の葉で、

タージマハールを作ったシャージャハーンの母、ヌール・ジャハーンも好んで食べていたと言われ、

歴史的にも由緒ある伝統的な嗜好品なんだそう。

 

アーユルヴェーダでは媚薬とされ、その有用性が古くから注目されてきた。

ただ現代では、パーンに入れるビンロウジュの実が口腔ガンを発生しやすくする。との報告もあるそうだ。

 

そういえば「世界の果てまでイッテQ」で、

このパーンに火をつけて口に入れてる店が取り上げられていたっけ。

イモトが挑戦してたwwwファイヤーパーンww

 

この葉っぱを唾液と一緒に噛み続けると、血のように真っ赤になり

これをペッペ、ペッペ吐き出すから、血を吐いているようでびっくりする。

そういえば、インド人のドライバーのおっちゃんの笑顔、歯が赤かったなww

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円~

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。