デザインコラム

自分で自分の信用を落としていないか?

 

 

私が仕事をいただいている社長さんと

お食事をさせていただいている時のこと。

 

その社長さんは、本州に本社、そして大分に支店を出されてるやり手の方だ。

 

お食事をしている過程で

共通のお知り合いの名前があがった。

 

ダマリ「あ!私もその方と面識あります」

社長さん「あ、そうなの?」

 

と、その共通の知人が素晴らしいという話になり。

そして、私は、その知人に近日会う予定になっていたので、

 

ダマリ「あ、今度私○○さんに会うんですよ!社長さんとの話、してみようかな」

私は、気軽にそう言った瞬間、

 

社長さん「ダマリさん、それは、ダメよ!」と注意された。

 

え????私は、なんでそれがダメなのか一切わからなかった。

すると、社長さんがこう話を続けた。

 

「その方に、私とダマリさんが知り合いだということを言えば、信用をなくすよ」

「え?」

「○○さんはお客様だから、私がダマリさんに○○さんの事を話していたと知ったらどう思う?」

 

 

私は、理解するのに数分かかった。それだけ、私のこれまでの言動が浅はかだったと言える。

 

「○○さんは、私とダマリさんがランチをしながら、私の事で何を話していたのだろう?と思うはずよ」

「あ、、、、そうか」ようやく私は理解し始める。

「一定の場で話した内容は、絶対外に話したらダメ。個人情報を漏らすことになるし、あなたも私も信用をなくすことになる」

 

私は、金槌で頭を殴られたようだった。

本当にそうだ。その通りだ。

 

「だから、人のことをその人がいない場で、あれこれいう人を信用してはいけない。私は社員を抱えているから、なおさら。人に相談されたりするけど、一切漏らさないよ。家族にも言わない。」

 

私は、これまで出会ってきた代表や社長達の顔が頭をよぎった。

信用できる社長達から、陰口を聞いたことはない…そういうことだったのか。

 

陰口を叩くなら、直接本人に言おう。

あの人は、ああいう人だ。こういう事があった。と、いう人は信用してはいけない。

私も今まで、そういう人は信用していなかったが、なおさら気をつける。

 

自分が目で見て、確かめたことしか信じてはいけない。

そして、黙っておくことだ。第三者のことに口出しは禁物。

 

陰口を叩く人が目の前にいたら、その人はきっとあなたのことを他にも言っている。

それは、間違いない。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

仕事につながる名刺づくりアドバイス

あなたの名刺は、ただのカードになっていませんか?

ダマリと一緒に、仕事につなげる名刺を目指しましょう!

●アドバイス…(1時間)1人3000円

※オンラインも可能です。1名様〜

 

仕事につながる名刺づくり講座

自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、

どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。

●講座…(2時間)1人3000円

※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。