デザインコラム

世の中パクリだらけやろ!それにセンスが加わり、オリジナルになるんやろ。

 

数年前、オリンピックのシンボルデザインで

パクリ事件があった。

 

確かにあれは、そっくりすぎて、

周りの人は、かばいようにも、かばえなかっただろう。

 

友人らと話をしていて、こういう話になった。

「ピカソの絵を真似して描いたところで、ピカソは”パクリだ!”って怒らないだろう」

うん、ほんとその通り。

 

世の中パクリだらけ。

デザインの世界もそうだ。

 

ただ、何を吸収するかは、その人のセンス。

そして、吸収したものを、その人のフィルターに通して

どう表現するかも、その人のセンス。

 

パクって真似して、同じものを作ったり、描いたりしても

それは、全く同じものにはならない。

 

オリンピックのシンボルデザイン事件は、

フィルターを通してからの、表現のセンスが足りなかったために起こったことだと思う。

 

例をあげてみる。

手芸教室や、絵画教室で、講師よりも優れた生徒がいた場合。

講師が教えた技法を使って、生徒が講師よりも良いものを作ったら。

 

ほとんどの講師は、妬みを持つ。

残念ながら、ほとんどがそうだ。

 

私の母は、手芸教室、フラダンス教室、絵画教室に通っていたが

どれもすぐに超えてしまって、毎回講師に妬まれていた。

 

「どんどん真似して良いよ。どうせ、同じものなんか作れっこないのだから」と

堂々と言える講師は、どれだけ存在するのだろう?

 

良いものは盗んで、パクる。

ただし、自分のフィルターを通して、さらに磨かねば。

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。