日記

家族の笑顔を守るためには。

 

祖母が、昨年7月に脳梗塞で倒れてから、かれこれ8カ月。

この間に、三箇所の病院や介護老人施設にお世話になった。

そして、また4月から祖母の居場所について、父や弟夫婦と電話で話す。

 

私は、鹿児島に帰省するたびに、祖母の施設へ足を運び

祖母がどうしたいのかを、あれこれ聞く役にまわることに徹した。

祖母は、「家に帰りたい」との一点張り。

 

祖母は、祖父が亡くなってから、父の暮らす家に併設して家を建てた。

祖母が家に帰りたい。という意向を聞き入れるには、一緒に暮らす父の想いも大切だ。

 

父は、63歳。まだまだ働き盛り。

早期退職をすると言ってはいても、

いざ退職をした後が、祖母の介護生活になるのも。なんとも切ない。

 

父は、とても優しい。静かな愛に満ち溢れている人だ。

父と母が離婚したあと、懸命に私と弟を育ててくれた。

 

ずっと再婚もせず、自分の仕事をしながら、祖父母の農業を手伝い、

私には、まるで自分自身の人生を我慢しているかのように思えてならない。

長男だから、すべてを背負っているように思えてならない。

 

4月から、祖母は実家に帰る方向でと父は考えている。

電話越しでも気丈にふるまう父だけど、

心中を察すると、なんだか心苦しくなる。

 

私にできることをあれこれ考える。

できるかぎり、祖母や父の役に立たなければ。

また、あの家で全員が揃って笑い声が聞けるように。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

ダマリも出展します!

 

<印刷物制作アドバイス>

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。