ダマリ紀行

[インド_バラナシ]ダマリの魂がバラナシへ行ってきたらしい

 

とてもリアルな夢を見た。

年始に行ったインド・バラナシで泊まった宿の屋上が

夢の舞台。

 

バラナシは、インド・デリーから飛行機で1時間半。

インド国内外から多くの信者、巡礼者、観光客を集めるインド最大の宗教都市。

ガンジス川の風景を誰でも一度は見たことがあるだろう。

 

 

ダマリが泊まった宿はシヴァゲストハウスという

日本語が達者なインド人兄弟二人が経営している宿で、

インドに住んでボランティアをしている女性に日本語を習ったそうだ。

 

そのゲストハウスには屋上がある。

その屋上に、ダマリの魂は

行ってしまったらしい。

 

さぁ、夢はここから↓

 

↑クリックで拡大

 

ダマリは、屋上からガンジス川や

あたりの景色を見渡し

「さて、どんなルートで行こうか」と胸を踊らせている。

 

空には、青空が広がり、綿雲が浮いていて

風は少し暖かく、バラナシの匂いがする。

「やっぱり、バラナシは良い。また来れてヨカっタァ!」

 

 

「よし、この前は行けなかったサールナートへ行こう!」

と1日の始まりを、バラナシの朝の始まりを体中で感じ、武者震い。

相変わらず、猿もウロチョロしてかわいい。

 

 

 

そんな時、肩をポンポンとされ、振り向く。

そこには、11歳くらいの少年と、6歳くらいの女の子が立っていた。

 

少年は、私にヒンディー語で沢山話してきた。

 

「वाराणसी में आपका स्वागत है

क्योंकि यह धूप आज है, सरुनतो अच्छा हो सकता है

मैं नाश्ता तैयार करूंगा, इसलिए कृपया थोड़ी देर प्रतीक्षा करें।」

 

ヒンディー語なんて、ナマステとダンニャワードしか分からないのに

なぜか意味が理解できる。

どうやら、宿の朝食の準備が整ったようだ。

 

いつのまにか、屋上にテーブルがセッティングされていて

サイドには、りんごやロティ、オレンジジュース、カレーが置かれている。

 

「ナマステ!」私は、少女と少年にお礼を言う。

少女と少年はニッコリ笑う。

そして、とても清々しく良い気持ちで、夢から目がさめる。

 

 

夢から目覚めたダマリは、がっくし。夢だったかぁ〜〜〜〜(T_T)

でも、あまりにもリアルすぎて、本当に旅してきた感じがする。

ついさっきまで、バラナシにいた感じ。

 

小瓶に詰めてきたガンジス川の水が

魂をバラナシへ繋いでくれたのかもしれない。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

ダマリも出展します!

 

<印刷物制作アドバイス>

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。