日記

小公女セーラからみる弟との思い出「壁越しノック」

私には、二つ下の弟がいる。

世界でたった一人しかいない大切な兄弟。私の分身。

 

今も、まあまあ仲が良いが、小さい頃はもっと仲が良かった。

というのも、弟は学年でも小さく、甘えん坊で

「おねえちゃん、おねえちゃん」とピッタリだった。

 

私が小5の時に、両親は離婚。弟は小3で、まだ小さかった。

父側についたわけだけど、弟は母にべったりだったから、辛かったと思う。

 

そんな弟と、寝る前にやっていたことがある。それは「壁越しノック」。

部屋が隣同士で、壁側にお互いベッドを置いていたので、

寝る前に、コン!コン!コン!とノックしあう。

 

なぜ、こんなことをはじめたかというと。

当時みていた「小公女セーラ」というアニメの中で

セーラとベッキーが、壁越しノックで合図しあうシーンがある。

 

 

大富豪から使用人に成り下がったセーラ。

同じ年くらいで、学園に奉公に来ているベッキー。

1日中こき使われて、クタクタな日々、セーラとベッキーは

壁越しに友情を育んでいく。

 

41歳になって、あらためて、このアニメを観直しているが、

なんとも切なく厳しい、色々考えさせられる内容だ。

当時の私と弟が、どれだけこの物語の内容を理解していただろうか……。

 

今度実家に帰ったら、「壁越しノック」の話を弟にしてみよう。

きっと懐かしすぎて、爆笑するに違いない。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。