日記

寝たきりの方に寄り添う。聴覚は最後まで残る。

亡くなる前日。綺麗に洗髪してもらっていた。「気持ちいい?」の問いかけに、頷いていた母。

 

 

私の母が、末期ガンで在宅介護になった時に

いろいろネットや本を漁って読んだ記事の中に、

「聴覚は最後まで残る」と書いてあった。

 

私は、このことを知った時に、ハンマーで頭を叩かれたように

衝撃だった。

寝たきりで、言葉をかわせなくても、聴覚は最後まで残っている。

 

母が、日に日に弱っていき

目も開かなくなって、呼吸だけになっていても

私は、毎日、感謝の言葉を母に伝えた。

 

母が生前の時は、はずかしくて言えなかった

「大好きだよ、お母さん」も、惜しみなく伝えた。

 

ありがとう。

大好きだよ。

大丈夫だからね。ずっと側にいるから、怖くないよ。

 

ある時は、目を閉じた母の目から涙が出た時もあった。

だから、聴覚は、いつだって残っている。

 

多くの人がこのことを知らず、

お見舞いに行って、寝たきりの方の前で、

あれこれ陰口をたたいたり、デリカシーのない言葉を発しているのではないか。

 

そして、聴覚と同様、触れることもとても大切。

男性だと、あまり寝たきりの方に触れようとする人が少ない。

でも、そこは、手を握ったり、さすったり、体温を伝えてあげてほしい。

自分のエネルギーを分けてあげるようなつもりで、手を握るだけでもいいとおもう。

 

寝たきりの時こそ、感謝の言葉を伝えて、抱きしめてね。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメント

この記事へのコメントはありません。