日記

幻の珈琲コピ・ルアックとパッションフルーツ

 

ちょっと汚い話になるかもなので、

食事中や、読みたくない方はご遠慮くだされ。

 

ダマリは、中学校の頃

奄美の祖母から幻の珈琲の話を聞かされたことがあった。

祖母曰く、猫の「フン」からとれた豆で珈琲を作るとか…………。

 

その衝撃的な話を、ずっと憶えていて

あるとき「かもめ食堂」という映画を観たときに

この珈琲が登場して驚いた。

 

幻の珈琲の名前は「コピ・ルアック」

インドネシアのマレージャコウネコが珈琲豆の実を食べて、

それがジャコウネコのお腹の中で程よく発酵して

それが排出されたものが、高級珈琲豆となっているのだ。

 

一度取り寄せて、コピ・ルアックを飲んでみた。

酸味があるのかな?と思いきや、そんなことはなく

深みのある香り高いとても美味しい珈琲だった。

 

ま、こういう前置きがあり。

 

 

この間、奄美の友人からパッションフルーツが送られて来た。

パッションフルーツの食べ方を知らない人が結構多い。

中には、種が沢山入っているが、これは、出さずにチュルチュルっと丸ごといただく。

 

毎日2個ずつは食べているダマリだが、

パッションフルーツを食べていることを忘れてトイレに行き

ウン○を出すとビックリした。

 

なんだか、黒い塊が数粒あるのは、なんだ!!!???

病気?何食べたっけ?

あ!!!パッションフルーツの種か!

 

そこでダマリは、コピ・ルアックの珈琲豆を思い出した。

パッションフルーツの種を食べるときは、ほのかに緑色である。

それが、ダマリの体内で発酵して、黒くなって出て来た。

 

ん〜〜〜〜〜〜サイエンス!!!

以上w

 

追伸)高級珈琲豆コピ・ルアックを大量生産しようと、ジャコウネコの乱獲がある背景がある。

これを知ってから、飲む気にならない。人間て、ほんとに、愚か。

コメント

この記事へのコメントはありません。