日記

ダマリがやっと腑に落ちた出産法

 

妊娠後期に入ってからというもの

ダマリのYoutube漁りがはじまった。

そして、昨夜、自然にやっと腑に落ちた出産法Youtubeに出会えた。

 

それは、コチラ↓

 

「痛くない出産」というタイトルにひっかかり

あまり期待せずに観ていると、自然に涙が溢れて止まらなくなった。

なるほど、そうか!と目から鱗だった。

 

この映像は、ミュージシャンのMINMIさんが

自分自身の出産体験を語って、歌っているもの。

MINMIさんの出産に対する考え方が素晴らしい。

 

今までの出産の考え方は

陣痛という子宮の収縮で、赤ちゃんを外に押し出す。陣痛自体、赤ちゃんが発しているもの。

赤ちゃんが、どういう流れで産道を通って出産するかを想像して、それを助けてあげる。

↑ざっくり、こんな感じだった。

 

しかし、MINMIさんの考え方は

「自分が道になる」ということ。

「大丈夫、大丈夫、外の世界は楽しいよ〜!」と話しかけ応援する。

 

赤ちゃんは、パパやママに早く会いたくて出て来る。

それは、赤ちゃんにとっての「初めての勇気」

この勇気を、精一杯応援するのが出産時のママの役目だ。

 

この映像を観ながら、ダマリは思った。

人はどうして旅に出たくなるのか。

それは、出産の時から始まっていたんだ。

 

お腹から、こちらの世界に出て来る日は「初めての旅」。

行ったことのない場所は、勇気がいる。

飛行機などの移動手段が「産道」だ。

 

ママが痛がると、赤ちゃんは悲しい。だから

「ママは大丈夫だから、安心して出ておいで」

「そうそう!上手!右回りで出ておいで!」

と、とにかく痛みに集中せず、精一杯赤ちゃんにエールを送る。

 

ママに会いたくて暗闇を一人で旅する赤ちゃん。

母子一体となって、赤ちゃんが入国ゲートをくぐれるように。

新しい世界に着地できるように。

 

この映像を観るまでは「痛み」「陣痛」だけにフォーカスしてしまっていた。

だけど、赤ちゃんにとって初めての旅路。出発の日。

その門出を精一杯応援して、道を作ってあげなくちゃ。

 

 

●おまけ

陣痛は最大50秒らしい。

腹式呼吸をしながら1.2.3.4で思い切り吸って

5.6.7.8.9.10でゆーっくり吐く。

10秒10カウント×5セット!

 

呼吸とカウントに集中するからです。だから痛いなんていってる余裕なし。

そう考えると静かなお産も納得!

コメント

この記事へのコメントはありません。