日記

思い出の匂い【お弁当をあたためる魔法の棚】

 

冬が近づくと、思い出す匂いがある。

それは、保育園時代の匂い。

 

ハッキリした記憶はないが、

寒い時期になるとお弁当を木製の棚に入れていた。

 

ダマリは、お弁当をその棚に入れる様子が好きで

先生の手によって、ひとつひとつ棚に入れられていくのがなんとも面白く、

「魔法の棚」のように思えていた。

 

その棚の一番下には、たぶん火鉢が置かれていた気がする。

「匂い」だけはハッキリ憶えている。

あれは火鉢の炭の匂いではないか?

 

お昼時間になると、棚からお弁当が出され

あたたかいお弁当、そして火鉢の匂いがしみつき

余計にお弁当が美味しく感じる。

 

現代は、なんでも電気だけど

「火」というのは、確実にDNAに刻まれていて見るだけで落ち着く。

そろそろ大好きなストーブの季節だなぁ。

コメント

この記事へのコメントはありません。