日記

苺の味は、学校を休んだ時の味。

 

先日、福岡から来た友人が「あまおう」をお土産に持ってきてくれた。

大粒で甘すっぱくて、美味しい〜〜〜!!

 

一粒一粒大事に食べていると

小学生の頃のダマリが頭の中に登場してきた。

 

苺の味は、学校を休んだ時の味。

 

ダマリは学校大好き人間だったため

学校を休むなんて、高熱の時くらい。

 

熱が高い時は、ご飯は喉を通らないが

冷たい果物は、とても美味しく感じる。

 

忘れられないのは

練乳がたっぷりかかった苺が出てきた、あの日。

 

ダマリの苺のイメージは

風邪で学校を休んだ時の特別な味。

 

学生の頃、「学校を休む」ということが

なぜか悪いことをしている、ズルをしている。ような感覚で

そんな中、美味しい苺を食べているだなんて。

 

なぜだか後ろめたい味。

 

ダマリの息子も、来月で生後5ヶ月になるが

離乳食で苺を食べさせたら、どんな顔するのだろう。

 

学校を休んだ時に、食べさせよう。

ふふふ、色々楽しみだ。

コメント

この記事へのコメントはありません。