日記

小学生ダマリ憧れの「花係」

 

小学生の頃、新学期で係を決める。

その中で、密かに憧れていた係があった。

それが「花係」。

 

花係の人は、教室の花瓶に花を持ってきて飾る。

花は、買ったものではなくて

たいがい家に生えている植物。校庭に咲いている花でも良い。

 

当時のダマリは、植物に疎かった。

自宅には庭もあり、色々植わっていたはずだが

興味がなかったのだろう。

 

そんなダマリにとって、花が係をする人は

植物の名前に詳しかったし、

なにより女の子らしかった。

 

女の子らしいことをしたいのに

できないもどかしさ。

植物の名前をしらないはがゆさ。

 

ある日、花係さんが「グミ」を持ってきて生けていた。

じっと見ていると「これ、食べられるんだよ(^^)」って

花係さんがダマリに実をくれた。

 

今現在、花を生けるたびに思い出すグミの

甘酸っぱい味。

自分の子どもには、色々植物の名前おぼえて欲しいな。

コメント

この記事へのコメントはありません。