日記

防災グッズにだけフォーカスせず、まずは敵を知る!

 

2019年10月22日に、

「防災ママカフェ®︎」に参加してきた。

 

今までは自分の身と愛猫の事しか考えずに、

防災グッズをなんとなく用意していたが。

今は、昨年産んだばかりの大事な大事な息子がいる。

 

子どものいのちを守れるママにならなくてはいけないのだ。

そのためには?防災グッズを揃えることからはじめる?

 

ママダマリは、防災グッズにばかりフォーカスしていたが

「防災ママカフェ®️」に参加して意識が変わった。

一番大切なのは、まずは「敵を知ること」。

 

講演を全国各地でおこなっている、防災ママカフェ®️主宰かもんまゆさん。

防災について、ロールプレイングゲームに例えてお話を進めてくださり

とても分かりやすかった。

 

敵を知らなければ、武器や道具を揃えることはできない。

「敵」というのは、津波や大地震など災害のこと。

 

 

自分の地域に災害がおきたらどうなるのか?

リサーチしてハザードマップを確認して

その時どうなるかを頭でシミュレーションしてみる。

 

敵を知った後は、ゲームの主人公や仲間にあたる自分や家族を知ること。

夫、息子0歳、愛猫の弱点はなにか?

 

その弱点を埋めるものを防災グッズで準備しなければならない。

要するに、各家庭によって防災グッズの内容は変わってくる。

 

 

自分たちの家族は、どのくらい戦う能力があるのか、ないのか?

 

 

大分県別府市に、震度7の大地震がきた時のシミュレーション。

最大の津波は5.4mが40分で到達。

津波、建物の倒壊、火災で8万3027棟が全焼、3万6399人が死亡。

 

ちなみに、このリンクに行くと

自分が住んでいる街の被害想定を確認できる。

朝日新聞デジタル「南海トラフ地震の被害想定

 

 

ちなみにママダマリが住んでいる大分県杵築市の想定。

最大震度6弱。最大津波6m、津波到達時間68分。

もし津波速報があれば、津波到達時刻まで60分の時間があるということがわかる。

60分あれば、高いところに避難できる。

 

2019年も残すところあと1カ月。

この1カ月で災害が起こるかもしれない。

2020年もきっとどこかで起こる。自分のところかもしれない。

 

年末までに色々やることがあるが

防災グッズや備え・シミュレーションの準備を優先的にする。

みなさんも、早め早めに備えを。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。