日記

祖父母のお蕎麦

 

先日、夕飯に蕎麦を食べながら

祖父母のことを思い出していた。

 

年末になると、ばあちゃんが自分たちで育てた蕎麦の実を

地元の製粉場へ持っていき、蕎麦粉にしてもらって

それで手打ち蕎麦を作って年越し蕎麦にしていた。

 

ばあちゃんが切る麺の太さが

細かったり太かったりだったけど

蕎麦の香りがして、それがとても美味しかった。

 

出汁も地元の地鶏屋でガラを購入して作ったもの。

紅白歌合戦の後半あたりから、ばあちゃんが出汁を温める匂いが部屋に立ち込め

行く年来る年を見ながら、蕎麦をすする。幸せな時間だった。

 

ダマリが小学生のころ、祖父母の家に泊まると

いつもチクチクする枕だったことを思い出すが

それは蕎麦殻だったんだよね。

 

今になって、たくさんたくさん祖父母に聞きたいこと、学びたいことが沢山ある。

じいちゃんは天国。ばあちゃんは施設にいる。

ばあちゃんに、できる限り沢山話をしてもらいたい。

 

ばあちゃんとYoutuber目指すか(^^)

 

ダマリも蕎麦を育てて年末に自分がうった蕎麦で

年を越してみようかな。

コメント

この記事へのコメントはありません。