日記

夢見る夢子ちゃんでいい

 

ダマリは赤毛のアンが大好きだ。

アンが想像する世界や言葉が美しい。

夢見る夢子ちゃん。

 

この間、友人と将来の話をしている中で「想像力」の話になった。

ダマリは、学生の頃は「想像」することが大好きで

様々な世界をノートに書き出し、詩や漫画にしていた。

 

ノートとペンさえあれば

一日中想像の世界で楽しむことができた。

いつからだろう……その世界で生きられなくなったのは。

 

現実社会に調和しながら生きるダマリが成形されてしまった。

自分が実現できそうなことしか計画しない人間になってしまった。

そんなんで、残りの人生を生きるつもりなのか?

 

もっと自分だけの想像の世界を頭の中で描いて

想像の中で楽しんでいいじゃない。

 

「無理」だから、そういうことは想像しない。

 

この凝り固まった思考を変えなくては。

想像力を鍛えてバカになる。

 

これが、これからのダマリ。

コメント

この記事へのコメントはありません。