日記

故郷・鹿児島でリスタート

 

2020年3月27日に

3年半住んだ大分県杵築市から

故郷・鹿児島へ引っ越し。

 

そしてここからまた

人生のリスタート。

フリーランス事業主として

新天地で畑を耕し、種をまくことから

始めなければならない。

 

正直いって不安だらけ。

さあ、どうやって販路を開拓していく?

 

3年半前、知人も身寄りもない

大分県に移住して、沢山の人たちと知り合い

デザインのお仕事もいただいてきた。

その経験というのは

とても有難い宝物。

 

大分でしてきたことを

もう一度、鹿児島でゼロからはじめる。

とにかく「動く」

これさえすれば、何かが少しづつ

進んでいくのだが

コロナウイルスで身動きが取りづらい。

 

今回のコロナ騒動で世界中の在り方が

変わってきているのが確かだ。

これまで通りにはいかない。

 

今年の2020年8月で

開業届を提出してから5年になる。

5年目にして、これからのデザイン業を

どうしていくのか?

 

ずっとデザイン業で生きていくためには。

息子を育てていくには。

好きなことをしていくためには。

 

鹿児島でリスタートを切るにあたり

グラフィックデザイン業からディレクション業へ

少しづつ移行していこうと考えている。

 

簡単なことではないけれど

目標はクリエイティブ・ディレクター。

50歳の自分がそうなっているように。

ここから、また踏ん張っていかなければ。

 

これまでお世話になってきた方々、

そして、これから出会う方々。

どうぞ改めて宜しくお願いいたします。

コメント

この記事へのコメントはありません。