日記

あおぞら給食が大好きだった。全ての屋上が公園になればいいのに。

 

デンマーク出身の世界的な建築家

ビャルゲ・インゲルスのドキュメンタリーを

見ながら色々なことを思った。

 

ビャルゲが手がける建築物は

見た目はとても独創的だが

その中に、自然と人間に優しい

作りを感じさせられるものが

とても多い。

 

中でも、すごいなぁ!と感動した建築物は

ゴミ処理場とスキー場が融合している建物。

とても面白いなぁ〜と思いながら

小学生の頃あった「あおぞら給食」

の記憶が蘇ってきた。

 

「あおぞら給食」というのは

外で食べる給食ではなく

学校の屋上で食べる給食のこと。

ダマリは、この「あおぞら給食」が

とてもエキサイティングで

とても興奮した。

 

すべてのビルにおいて

屋上を公園にしたらいいのに。

いつもそう思う。

芝生は植えなくても

植物やベンチがあればいい。

ビアガーデンの時期だけではなくて

年中解放すればいいのに。

 

バックパッカーで世界を放浪した時に

屋上やテラスの使い方に

いつも感化されていた。

 

スペイン・コルドバのゲストハウスは

屋上に共同キッチンとソファ、テーブルが

置かれていて、とても解放的だった。

そういえば、インドのバラナシのゲストハウスも

屋上が食堂だった。

 

日本人の感覚からいくと

ベランダにソファ?

テラスにカーペット?

なんて、日常的にはありえないが

これがとても心地いい。

 

モロッコでは、砂漠に絨毯が

気持ちよすぎた。

 

今のアパートのベランダを

ウッドデッキ調にDIYして

心地よい空間を作ろうと考えている。

時には、ベランダに絨毯を敷いて

チビが解放的な遊び場に。

 

学校での「あおぞら給食」

もっともっと増やして欲しい。

コメント

この記事へのコメントはありません。