デザインコラム

1度で終わるお仕事ご依頼に反省

 

ここのところ

自分の仕事を振り返って反省している。

1度で終わるお仕事ご依頼。

2度目は違うデザイナーに

変わっているのに気づくと

やはり凹むわけで。

 

もちろん

全てのお客様に対して

納得のいくデザインをするというのは

無理だと分かっている。

デザインも相性があって

何度繰り返し修正しても

お客様の意図に添えないこともある。

 

これまでの仕事の在り方に

もっと深く向き合って

デザインで何が提供できるかを

うまく伝えられる方法を

考えなければ。

 

名刺やパンフレット、ホームページなど

全てのデザインが統一されていないと

ブランディングが崩壊する。

 

企業・個人事業主の理念、方向性を

きちんとブレずにうちだし

そこにコーポレートカラーを決定し

多様化する消費者に

どうやって認識してもらうか?

 

名刺だけではない、すべてのデザインを統一し

企業力・個人事業力をあげる。

デザインというのは、かっこいい見た目だけを

作ることを指すのではなく

理念や思い、これからの指針に基づき

そこに社会とのコミュニケーションの仕掛けを作り

情報が分かりやすいように可視化させる。

 

誰が見てもわかる情報に

文字や写真を組み合わせて

具現化する。

 

一度きりで終わってしまっている

お客様に、またご依頼いただけるように

「ダマリさんに頼んでよかった!」と

言ってもらえるように。

反省をいかして、もっとがんばります。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。