日記

祈りの場所を持っていますか?祈りは癒し。

 

ダマリの実家は、浄土真宗の仏教徒。

小さい頃は、お寺の保育園に通い

毎日仏様に手を合わせていた。

 

ダマリの中で、「宗教」という括りは存在しない。

無宗教でも、神を信じていなくても、

「祈る」場所があれば、救われると思っている。

 

仏壇や、納骨堂で手を合わせる。

ご先祖に感謝の意を伝える。

自分がここにいるということは

ご先祖様達から受け継いだ尊い命があるということ。

 

奄美大島に10年住んでいた頃は

お寺の代わりに、教会に足を運んでいた。

ミサに行くということではなくて

自分が自分と話したいときに

ヒンヤリした静かな教会はとても落ち着く。

 

世界へ旅に出た時も

無事に新しい土地に足を踏み入れられた時や

ふと目に入った教会に入り

無事に元気に過ごせているという感謝の意を伝えた。

 

ヒンドゥーの神様達がいるお寺や

イスラムのモスクも同じ。

どこに入っても、神聖な空気感は同じで

人々が祈りを捧げる姿が美しく

お香や花の香りに包まれ

「祈る」ということが

どんなに癒されるか感じることができる。

 

祈る場所は、ありますか?

自分で作った聖域でも良い、祭壇でも良い。

祈りが、あなたを少しでも救いますように。

コメント

この記事へのコメントはありません。