デザインコラム

予言の自己成就と寝竜

「予言の自己成就」という言葉を今日初めて教えていただいた。これは、アメリカの社会学者「ロバート・K・マートン」が提唱しているもの。

人は根拠のない予言であっても、その予言を信じることによって予言や期待に沿った行動をしたがる傾向にあるそうだ。

それをポジティブに自分の生活に上手く取り入れれば、その日1日のスケジュールや自分がなりたい目標に向かって自己暗示をかけ、その通りになる。まさに、自己成就するための予言。

どんどん予言して、その通りになろうではないか!

この「予言の自己成就」を知る数日前、自分の干支に関する事で、ムムム…となっていた。ダマリの干支は1976年辰年なのだが、同じ干支でも5種類(出世竜・隠し竜・下り竜・上り竜・寝竜)ある。

ダマリは、寝竜。かなり納得してしまう自分がいた。寝る事が大好きで、一度怠けると怠惰度が半端なくなる。ここから抜け出さない限り、一生寝たままで終わるらしい…。しかし、一旦目覚めると出世竜に変わるのだとか。

ほんと、マジでいい加減起きようか(苦笑)44歳このままで人生を終えていいのか?「予言の自己成就」を利用して目を覚まそう!滝壺に一生寝ているわけにはいかない。

起きろ!ダマリ!

コメント

この記事へのコメントはありません。