日記

脳より腸に栄養を

最近、ダマリの胸にズキュンときた言葉「脳より腸に栄養を」。健康を意識している方には、すぐにピン!とくる言葉かと思う。知らない人には、全くなんのことだか分からないだろう。

前々から分かっていたことだけど、炭水化物や糖質を摂取すると眠くなる。だるくなる。妊娠中に、「妊娠糖尿病」になりかかったダマリは、特に注意が必要だ。炭水化物や糖質は、脳に栄養を与える。「脳に栄養を与えるのだからいいじゃない」と思う人もいるだろう。

しかし、ここでいう脳への栄養というのは「麻薬」みたいなもので、摂取しすぎると良くない栄養素。巷で言う「ファストフード」なるものは、ほとんどが炭水化物と糖質でできている。でも、これが人を虜にしてしまう危険な食べ物。ポテト、ハンバーガー。ダマリも好きです。認めます!しかし、体にとっては麻薬のような存在でしかない。依存してしまう味。

フリーランスで仕事をしているダマリは、いかにセルフマネジメントができるかどうかが、今後の事業のあり方に大きくかかわってくるため、食生活に関して今まで以上に慎重にしていく。

デザインという仕事は、集中力が必須なため、頭が冴えていないと仕事が捗らない。そのためには、炭水化物や糖質は控え、腸を元気にする必要性がある。

腸を元気にするには?発酵食品と食物繊維を摂取すること。そしてミネラル、酵素など意識していくこと。もちろん、タンパク質・良質な油も必須だ。

「まごわやさしい」という言葉があるが、本当に必要だ。
ま…豆類
ご…ごま
わ…わかめ
や…野菜
さ…魚
し…しいたけ
い…いも

朝は、りんごとヨーグルト。三年番茶。昼は、ゆでたまご・納豆・キムチ。夜は、海藻・野菜多めの味噌汁・魚、肉類。間食はナッツ。2リットルの水。っとこんな感じかな。まずは手始めに1ヵ月炭水化物を抜いてみようかと。少しずつ自分で実践して、理想の自分に近づこう!

コメント

この記事へのコメントはありません。