製品・サービスなど、社会の中での存在感を、デザインの力で戦略的にクライアント様と創っていきます。
価値がないモノに価値を付け、成長させていく。それがBRAND+INGのブランディングです。

ブランディングって何?

「ブランド」というと、有名なシャネルやエルメスなど高価なものをイメージする方も多いかと思います。「BRAND」の語源は「焼印」の意味を持ち、メソポタミア文明時代に穀類を入れる土のカメに、自分宅産の「印」を入れたのが始まりです。

私たちは、日常生活において見聞きするモノ全てに、無意識に「かっこいい」「ダサイ」と自動的に価値を決めています。例えば、板チョコと聞いて連想するチョコは何ですか?ダマリは「ガー◯ミルクチョコレート」を連想します。赤いパッケージのアレです。ブランディング成功です。

こうして沢山のブランドの中で、知ってもらい思い出してもらうことは、とても大変なことです。
ブランドを認知してもらう → 興味をもってもらう → 購買機会があったときに思い出してもらう → 購入してもらう → シェアしてもらう → リピート
この一連の流れが英語で言うing(現在進行形)であり、BRAND + INGでブランディングなわけです。

 

ブランディングとマーケティング

今まで、ブランディングはマーケティングの一部として扱われてきましたが、現代では大きく変わってきています。ブランディングは、ブランドの価値を「消費者の内側(気持ちの中に生まれる価値観・好感)」につくり、マーケティングは、その価値を「消費者の外側(商品・サービスを見聞きし、触れたり味わったりできる環境)」で、消費者と結びつけることを指します。

以前は、マーケティングというと「PROMOTION(販売促進)」「PRODUCT(商品)」「PRICE(価格)」「PLACE(流通・店頭)」の4Pが主流でした。その頃は、購買活動を数値・数量的に捉える傾向が強かったのですが、ネット社会になった現代では「消費者の購買行動」を無視したマーケティングが成立しにくくなりました。そこへ人間的要素を持つ「PERSON(社員)」「PHILOSOPHY(創始哲学・経営理念)」が加わり、6Pとしてブランディングやマーケティングの現場で活用されています。

ブランディングご依頼の流れ5ステップ

❶ ヒアリング・リサーチ・分析
企業・製品・サービスのブランドの本質を引き出す作業を行います。病院で言うところの「問診」を行い、課題と問題点や経営者の想い・創設者の哲学、ビジョンなどを引き出し、魅力や強み、ゴール設定などを行います。

❷ コンセプト・戦略
ブランドの核となるものを定めます。ターゲットを絞り、ブランドが消費者に与える価値やブランドを人に例えるとどんな人格を持つのか、何を目指しているのか。市場ではどういう位置付けなのか。消費者の情緒にどう響かせるのか。などを考えていきます。

❸ ネーミング・ロゴ・タグライン
ブランドコンセプト・戦略を具現化していきます。社会での位置付けを確立できるよう、ビジュアル・アイデンティティ(制作物の基礎となるビジュアルルール)を構築していきます。ブランドを人に例えると、人物の名前・顔・その人を表す言葉を決めていきます。

❹ 販促物やサイトなどの制作
名刺やショップカード、封筒、パンフレット、ウェブサイト、SNS、パッケージ、雑誌広告、看板、ユニフォーム、メニュー、CM、内装など、ブランドの世界観を作り上げていきます。消費者との接点において、ブランドの価値を伝える重要な役割を持ちます。

❺ サポート
ブランディングは長期戦略です。ブランドの本質をスタッフ全員が理解し、一丸となって世界観を保っていけるように作一貫性を持って進化し続ける必要があります。クライアント様と情報をシェアをし、ずっと愛され続けるブランド成長のサポートをしていきます。

制作料金

基本料金

ブランディングデザインコンサル(6カ月契約/デザイン制作料別途)
月 50,000 × 6カ月

制作事例

[鹿児島県鹿児島市]ホリスティックラボ アベイルガーデン 様

店舗リニューアルに伴いブランディングをはじめ、ロゴ・看板・チラシ・名刺のデザイン制作、WEB制作もさせていただきました。製品・サービスだけではなく、スタートアップのような事業を始める際にブランディングを取り入れることで、持続・繁栄させていく地図のようなものを作り出すことができます。