日記

ハリーポッターとアズカバンの囚人

ハーマイオニーの顔をダマリにw

私とハリポタの出会いは一足遅かった。

1作目の”賢者の石”では、全く興味がなく
「あ~、子供達に人気があるんだなぁ~」程度。
公開から1年後くらいに、ふとビデオ屋で目にとまった。
その頃私はちょうど仕事を辞め、プ~太郎をしていて
暇をモテあましていた時期だった。
私は、泣いてしまった…。
まさに、私が小さい頃から夢見ていた世界が
映画となって動いている。
私はかなりの学校好き人間で(勉強は嫌いだけど)、
魔法学校に関しては本当に感心した。
ホグワーツ魔法学校は7年間。寮が4つある。
すべての作りがまさに私の心にHITしたのだ。

それからといもの映画は全作チェック。DVDも購入。
原作も全て読破。全て揃えている。

中でも私が好きなキャラは、フレッド&ジョージ、ロンの双子の兄たち!
この2人は、いたずらが大好きで
いたずらの商品を作って販売しているのがgood!
私もこの2人のような雑貨屋をしたいのでとても参考になる。

さぁ、今からひさびさに”アズカバンの囚人”の鑑賞です。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP