その他

[鹿児島県奄美大島]お祭り新聞広告デザイン②

  賑やかなフェスティバル感を出した お祭り新聞広告デザインです。  奄美新聞社様からいただいている夏祭り協賛広告のお仕事です。  奄美市笠利町のあやまる祭りの協賛広告は、幾度か制作させていただいているのですが、例年とは違う切り口で表現できないかなぁ?とあれこれ考えました。(新聞見開き30段) あやまる祭りは、他のお祭りと異なり、様々な催し物が行われます。  奄美大島のお祭りにはかかせない舟こぎ競争はもとより、手作りボート杯で海上は盛り上がり、お父さんたちが盛り上がるのが集落対抗の「ナンコ大会」。”ナンコ”とは、薩摩藩政時代の昔から伝わる酒席の遊びで、2名がお互いに3本のナンコ珠を後ろ手に隠して、片手に何本か持って出し合い、2人が持っているナンコ珠の合計を当て合うものです。  花火大会もありますが、それとは別に火舞笠利女子青年団による「火舞」もあり見どころ満載です。  見どころが沢山あって一日中盛り上がるあやまる祭りは、「お祭り」というよりも「フェスティバル」の方がしっくりくるのかなぁ?と思い、全体的にかわいらしくPOPな感じに仕上げました。  お祭りの夜を表現したくて、背景を黒にしました。新聞広告で「スミベタ(K100%)」は、印刷所から嫌がられます(^^;)新聞紙面がインクで汚れやすくなってしまので。(印刷機もしかり)※新聞以外は大丈夫ですよ*  なので、スミベタをなるべく軽減するように、背景に20%くらいの模様を透かしのように入れています。  新聞見開きというのは、ポスター並みの迫力を出せるので、毎回見開きで制作するときは、見開きにしかできない「迫力」を考えるとともに、情報をきちんと読んでもらうのが本来の目的なので、情報があちこちバラつかないように流れを作って制作するのも重要です。  奄美市http://www.city.amami.lg.jp

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP