パンフレット

[東京都]着物のパンフレットデザイン

©フジテレビ  フジテレビ主催の着物イベントの パンフレットデザインです。  以前勤めていたデザイン会社で、フジサンケイグループの担当を4年間勤めていました。 ディノス、フジテレビ主催の着物イベントが年に2回あり、そのうちの一つが、この「美・晴れ着」です。(A4ヨコ×p.8) 打ち合わせ、ロケハン、着物の撮影立会い、撮影アシスタント、毎回過酷極まるプロジェクトでした。(下っ端デザイナーは、何でも屋です、、、) 着物の撮影は、着付けにも時間がかかり、深夜に及んで撮影していました。バッグや帯などの着物小物のブツ取りも、カメラマンと常に連携をとって切り抜き撮影なのか、角版なのか、撮影ラフも何枚も描きました。撮り直しが利かないので、的確な指示を出すために、悪戦苦闘、、、。 イベントのパンフレットは、VIPのお客様と一般のお客様の2種類を制作していたため、同時に2種のパンフレットを制作していました。 表紙は、うるし塗りのような光沢を出すために4色ベタのリッチブラックで表現。 とてもタイトなスケジュールでしたが、多くの人が携わっていたため、出来上がりの喜びは今でも忘れられない、大切な作品です。 フジテレビ主催、ディノス主催の仕事は、自分が制作したものがTVでイベント告知として映されていたので、とっても嬉しかったです。 この「美・晴れ着」のパンフレットは過去の作品を振り返っても、私の代表作となるほどに自信のある作品です。モデルの写真、一枚一枚に思い入れがありますし、色校正の時の色の修正、モアレ修正など、とてもシビアに仕上げました。 この時のアートディレクターは、本当に厳しかったですが私に沢山のことを教えてくれ、今でも制作中は、この方の声が聞こえてきます。  こういう大きな着物の仕事を何本もしたので、その後に受ける着物の仕事には自信をもって仕事ができています。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP