日記

【猫ごはん】意外と知らない総合栄養食と一般食

 私は、愛猫ヒラに高価な食事を与えているわけではない。だけど、必ず「総合栄養食」を与えるようにしている。 「総合栄養食って何?」これを知らないで、猫を飼っている人が案外多い。 ドライフード(カリカリ)、ウェットフードの原材料名のところに必ず書いてあるのが「総合栄養食」と「一般食(副食)」の表記。  ●総合栄養食●副食●一般食 「一般食」のフードには必ず、「総合栄養食と一緒に与えて下さい」と表記されている。ゆえに、一般食だけでは栄養分は足りていない。ということになる。 「総合栄養食」は、猫に必要な栄養素が全てバランスよく含まれていて、そのフードと水を与えるだけで、健康を維持できるもの。毎日の主食として「総合栄養食」を選ぶことをお薦めしたい。 「シー○」とか「モンプ○」等はパッケージも綺麗で高級で、愛猫に与えたくなる商品だが「一般食」なので、ご褒美のおやつに近い。なので、知らずに一般食だけ与え続けてしまうと栄養が偏って病気になりかねない。 我が家の場合は、基本的に総合栄養食のカリカリとウェット。 ドライ(カリカリ)は、猫の歯に歯垢がたまらない役目もある。「うちのこは、カリカリより缶詰が好きなの」っと柔らかいものばかり与えていると、歯垢がたまり口内環境が悪くなりやすい。 そしてウェット。私は、缶詰とパウチを与えている。そして、そのまま与えるのではなく、必ず少量の水を入れて人間でいう「雑炊」状態にする。 なぜ、そんなことをするかというとなるべく水分を取ってほしいからだ。 猫の祖先は、リビアの砂漠にいた猫。なので、あまり水を飲まないせいか、尿が濃くなり膀胱炎、尿結石症、腎臓病になりやすい。水を飲む環境を整えてあげたい。毎日新鮮なお水を!(特に冬はのみたがらないので、飼い主が気をかけてあげよう!) そして、具合が悪くて食欲が落ちている時は成猫ならば、子猫用のご飯がおすすめ。なぜかといえば、子猫用は栄養価が高く高カロリー。おまけに、子猫が食べやすく小さいため弱っている成猫にはもってこいだ。(注:病気の猫には療養食を) あとは、ササミを茹でてほぐしたものや、そのスープもGood!!もちろん味付けは不要×具合は悪い時は、鼻が利かない場合が多いので軽く電子レンジで温めてあげると良い。(さらに、温めたものを鼻にチョンチョンと指で付けるとペロリと舐めるのでそこから味を思い出し、食べることが過去に何度も経験がある) そして、元気がない時は、マタタビを! 総合栄養食と一般食で愛猫とうまくコミュニケーションをはかって素敵な猫ライフを💕  愛猫ひら♀:2017年3月現在、11歳。同年7月で12歳を迎える。(酉年の年女にゃ) /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを! POWER to all the graphic design! 英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。 Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English. 【デザイン屋Damalish.comマガジン”POWER” No.1 2017】  ◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は以下の内容を記入し、お申込みください。お申込み⇒info@damalish.com①氏名 ②メールアドレス ③住所 住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、 マンション名まで記入してください。 ※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。 【デザイン屋Damalish.comネットツール】★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)http://blog.damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP