日記

4回目のパスポート申請。幸先良い出来事。

 4回目のパスポート申請を行う準備中。 1回目は、高校二年の時に学校側がまとめて申請してくれた5年パスポート。2回目は、東京都庁へ徹夜明けに申請しに行った5年パスポート。3回目は、奄美大島・大島支庁にて、母の分も一緒に申請しに行った10年パスポート。 そして今回の4回目は、大分県で10年パスポートを申請する。自分に歴史あり。と色々思い出す。 パスポート申請に必要な証明写真。過去3冊のパスポートの写真はひどい顔ばかり。 特に、2回目の徹夜明けに撮影した証明写真は人相が悪すぎて、香港のイミグレで引っかかったことがある。ww 上の画像に写っているパスポートは、3回目のものでその時の自分は、「お!今回は写真写りいいじゃん!」と思っていたのに10年後の今、見てみると、やはり人相が悪いwww そして今回、4回目のパスポート申請の写真。幸先の良い出来事に遭遇し、やわらかい表情の写真に仕上がった。 幸先の良い出来事。 今朝、近くのスーパーの外に置かれているセルフ証明写真機へ向かうとすでに先客。「ま、仕方ない」と思っていたら、証明写真機の遮光カーテンがあき、おばあさんが私を見た。 「使い方が分からんのよ」 どうやら、おばあさんは、撮影機の中に入ったは良いが、使い方が分からず途方にくれていたらしい。 ちょうど一年前、実家のばあちゃんと一緒に運転免許の更新に出向き、写真撮影に立ち会った。そのことを思い出し、私は、そのおばあさんを、ばあちゃんの姿と重ねて見ていた。 「運転免許用の証明写真ですか?」と会話をしながら、操作をし、おばあさんの証明写真ができるまで、立ち会った。 沢山の選択ボタンや、椅子を回転させて調節したりなんだり……っておばあさんの世代には、そりゃ酷だよね。 「近くにあった写真屋さんが、なくなったんよぉ」とおばあさんは寂しそうに言う。今の時代、証明写真を撮りに、写真屋へ何人出向くのだろう。 無事に撮影し終え、出来上がりの写真を手に取り、おばあさんは嬉しそうに「良かったぁ。ふがいい(運が良い)。ありがとお!」とニコニコしてとても喜んでいた。その姿を見て、私も、とても気持ちが良かった。 そんな出来事にあとに、自分の写真撮影。あれこれ、椅子の高さを調整していると、バッ!と遮光カーテンがめくられ、そこには、さっきの、おばあさんが。 「ありがとね!ふがよかった」と、”いろはす・あまおう味”を私に手渡してくれた。「あ、ありがとうございます!」 心がほっこり、あたたか。自然と良い笑顔になり、良い証明写真が撮れた。 パスポートは10年間同じ顔。今回は、おばあさんとの出来事で、幸先良いパスポートに仕上がる。ふがいいパスポート。 ありがとう、おばあさん(^^)/いろはす・あまおう味をみるたびに、思い出すだろうなぁ。/////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 主な制作料金コチラからどうぞ(^^)/ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。 デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// セルフマガジン制作produced by POWER for Restart プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」があなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします! Price A5カラーp.8/123,000円~※さらなる詳細は⇒こちらから ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋Damalish.comネットツール ★Facebook https://www.facebook.com/damalish★teitter https://twitter.com/Damalishcom★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/★Homepage http://damalish.com★Blog http://blog.damalish.com///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP